土地は住宅ローンで支払える!?つなぎ融資を利用しよう

土地

注文住宅を購入する場合、基本的には土地と建物を別々に購入します。

建物を建てるにはまず土地を先に探して購入する必要がありますが、今回は土地を先に購入する場合のお金について説明していきます。

土地は住宅ローンで支払える?

結論を先に言うと、注文住宅で土地を先に購入する場合も住宅ローンで支払えます

もちろん貯金がいっぱいあってお金を借りる必要がなければ、それにこしたことはありませんが。。。

そんな大金を貯金してる方はほとんどいないはずです(T_T)

 

土地を住宅ローンで支払うには

通常、住宅ローンが融資されるのは建物の引渡し日になります。しかし注文住宅で土地を先に購入しておく場合、土地を購入してから建物が完成するまでのタイムラグがあるので、先に土地の代金だけを土地の所有者に支払わなければなりません。

では、その土地のお金はどうやって支払うのかとなります。

このような場合にはつなぎ融資というものを利用する方法があります。(全ての金融機関で利用できるものではありません)

 

つなぎ融資とは

つなぎ融資とは住宅ローンを申し込んだあとに、融資が実行されるまでの間に利用できるものです。

つなぎ融資を利用して住宅を購入する際の流れは以下のとおりです。まず、建物の工事の費用を建築会社に支払うために融資を利用します。その住宅を担保にしてローンを組みます。建物が完成し、住宅ローンの融資が実行されたら、今度はつなぎ融資で借りたお金を返済していきます。
気をつけておきたいのは、つなぎ融資で発生する諸費用です。融資なので利息がつくほか、印紙代、印鑑証明、融資の手数料などが別途かかります。

出典元:つなぎ融資|at home

 

つなぎ融資が利用できれば自己資金がなくても土地を先に買えますが、金利が高く設定されており、融資事務手数料がかかるなど、なにかと余計なお金が発生してしまいます。

さらにつなぎ融資は住宅ローン控除が適用されません

私の場合もつなぎ融資にしましたが(というより資金がなかったのでやらざるを得なかった)、融資事務手数料10万ほどかかりました。

もったいないー(`ε´)

できればつなぎ融資は利用したくないものです(/TДT)/



おわりに

注文住宅で土地を先に購入する場合には、つなぎ融資を利用することができます。
家を買うには建物や土地の代金だけじゃなく諸費用というものが出てきますから、建物や土地の代金だけで計画を立てていると「えーっそんなはずでは(((( ;゚д゚)))」てなってしまいます。
この諸費用というのが曲者で結構な金額になります。

諸費用には、印紙税・登録免許税・不動産取得税・登記手数料・融資手数料・火災保険料などなどがあります。

なんですかそれはーΣ(‘◇’*)!?

 

つなぎ融資についてはこちらの記事もご参考ください。

つなぎ融資の金利と利息計算方法とは?住宅ローン控除は適用されない!?
住宅を購入する際にほとんどの人が住宅ローンを利用しますが、その住宅が注文住宅の場合はつなぎ融資というものを利用する必要がでてきます。 つなぎ融資とは何なのでしょう。 そしてつなぎ融資の金利はどのくらいか。また、つなぎ融資の利息の計算...

次回は自己資金がいくらあるのが理想か諸費用はどれくらいかかるのかなど、お金の計画に関しての事を書きたいと思います。

住宅購入の頭金や自己資金の目安はいくら?
ほとんどの方が住宅を購入する際に最も気になるのは、お金のことだと思います。 住宅を購入すれば、頭金や自己資金が一体いくら必要なのでしょうか?統計を参考にしながら考えていきます。
それでは( v^-゜)♪

FC2ブログランキングにも参加しております。よろしければポチって頂けると幸いです。