土地は住宅ローンで支払える!?つなぎ融資を利用しよう

前回終わりにちょこっと書きました
土地を先に買う場合のお金について説明していきます。

土地は住宅ローンで支払えるのか

結論を言うと土地を先に買う場合も住宅ローンで支払えます
もちろん貯金がいっぱいあって借りる必要がなければそれにこしたことはありませんが。。。
そんな大金を貯金してる方ほとんどいないですよね(T_T)

土地を住宅ローンで支払うには

土地を買ってから建物が完成するまでのタイムラグがあるので、先に土地の代金だけを土地の所有者に支払わなければなりません。

住宅ローンが借りられるのは建物が完成してからになるので、ではその土地のお金はどうするのってなりますね。

そういった場合にはつなぎ融資というものがあります(全ての金融機関にあるものではありません)。

つなぎ融資

つなぎ融資とは住宅ローンを申し込んだあとに、融資が実行されるまでの間に利用できるものです。

つなぎ融資が利用できれば自己資金がなくても土地を先に買えますが、金利が高く設定されており、融資事務手数料がかかるなど、なにかと無駄なお金が発生してしまいます。
さらにつなぎ融資は住宅ローン控除が適用されません

私の場合もつなぎ融資にしましたが(というより資金がなかったのでせざるを得なかった)、融資事務手数料10万ほどかかりました。
もったいないー(`ε´)

できればつなぎ融資は利用したくないものです(/TДT)/

スポンサーリンク




マイホームを買うって言っても、建物や土地の代金だけじゃなく諸費用ってものが出てきますから、建物や土地の代金だけで計画を立てていると「えーっそんなはずでは(((( ;゚д゚)))」てなってしまいます。
この諸費用というのが曲者で結構な金額になります。

諸費用には、印紙税・登録免許税・不動産取得税・登記手数料・融資手数料・火災保険料などなどがあります。
なんですかそれはーΣ(‘◇’*)!?

つなぎ融資についてはこちらの記事もご参考ください。

住宅を購入する際にほとんどの人が住宅ローンを利用しますが、その住宅が注文住宅の場合はつなぎ融資というものを利用する必要がでてきます。 ...

次回は自己資金がいくらあるのが理想か諸費用はどれくらいかかるのかなど、お金の計画に関しての事を書きたいと思います。

ほとんどの方が住宅を購入する際に最も気になるのは、お金のことだと思います。 住宅を購入すれば、自己資金が一体いくら必要なのでしょうか?
それでは( v^-゜)♪

by くりっきー

スポンサーリンク




SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする