キャッシュフロー表の項目と例。キャッシュフロー表を作成して資金計画を立てる!

家のお金関連

家を買うには購入価格の20%~30%以上を貯蓄しておくことが理想となります。

しかしお金を貯めるのは難しいものです。無理な資金計画を立てて、貯めようとしてもあとあと生活が大変になる可能性がありますし。。。

「何年後に何円貯まっている予定」ということがある程度予想できれば、計画を立てやすいです。

そういう時に活用できるのがキャッシュフロー表です。

キャッシュフロー表とは

キャッシュフロー表とは、現在の収入や支出、さらに自分を含めた家族の目標などから、将来の収入や支出、貯蓄額を予想していくものです。

 

キャッシュフロー表の項目

キャッシュフロー表の中には以下の項目を作ると、資金の計画としてわかりやすくなります。

 

家族の年齢

夫婦、子供のそれぞれの年齢を記入しておくことで、「子供が何歳になった時にこのくらいの貯蓄をしておく予定」など把握しやすくなります。

イベント項目

イベント項目には目標や希望(ライフイベント)を記入します。例えば、「家を買う」、「車を買う」や「子供の大学進学」などです。

年間の収入

キャッシュフロー表では年間の収入は可処分所得を記入します。

可処分所得とは、年間の収入から所得税や住民税、社会保険料を差し引いた金額になります。つまり総支給額ではなく、手取り額です。

 

可処分所得=年間の収入-(所得税+住民税+社会保険料)

 

社会保険料とは、医療・年金・介護の保険のことをいいます。

医療保険は、健康保険と国民健康保険

年金保険は、厚生年金保険と国民年金

介護保険は、40歳~65歳未満の医療保険に加入している方と65歳以上の方

これらは毎月給与から自動的に天引きされているものです。これが給与明細を見るたびに「引き過ぎでしょ!」と毎回感じてしまうくらい結構痛い(/TДT)/

ですが社会保険は病気や怪我、老後や介護が必要になったときにとても重要なものになります。

 

年間の支出

年間の各支出にかかった金額の合計です。

 

年間の収支

年間の収支は、年間の収入から年間の収支を引いた金額になります。

 

年間の収支=年間の収入-年間の支出

 

貯蓄残高

年間の収支がプラスになれば、そのプラスになった金額を貯蓄残高に足します。
反対に年間の収支がマイナスになれば、そのマイナスになった金額を貯蓄残高から引きます。また、貯蓄残高には運用利率を使用した計算方法があります。

 

貯蓄残高=前年の貯蓄残高×(1+運用利率)±その年の年間収支

 

前年の貯金残高が10万円、その年の年間収支が+20万円、運用利率が0.3%の場合

10万円×(1+0.3)+20万円=33万円

その年の貯金残高は33万円となります。

 

各支出にかかった金額

各支出については、主に6つのカテゴリーに分けて項目を作ります。

・基本生活費(食費、光熱費、お小遣いなど)

・住居費(ローン返済額、固定資産税、都市計画税など)
・教育費(学校の教育費、教材費、塾、家庭教師など)
・保険料(生命保険、損害保険など)
・その他の支出(交際費、交通費など)

・一時的な支出(上記項目以外の不定期な支出)




キャッシュフロー表は将来価値(物価上昇率を考慮した数値)も使用します。
現在の基本生活費が100万円で、1年後の基本生活費を予想する場合、
物価上昇率3%であれば
100万円×(1+0.03)=103万円
5年後であれば
100万円×(1+0.03)⁵=115万円

 

キャッシュフロー表の作成(例)

それでは実際にキャッシュフロー表を作成していきます。下記のキャッシュフロー表はExcelで作成したものです。

Excelであればパソコンが得意でない私でもなんとかキャッシュフロー表を作成することができましたが、面倒くさいという方には、インターネットでもキャッシュフロー表の形式(テンプレート)をダウンロードできるところもあるようです。

キャッシュフロー表の例

例として、夫の昇給で収入の増加や子供の成長に合わせて基本生活費の支出が増加するように物価上昇率2%と仮定しています。貯蓄残高は金融機関の金利0.2%と仮定しています。

順調に年間約50万円づつ貯蓄できていますが、2021年に子供の入学で教育費や入学金などの一時金で出費が増えています。

もう一つ例として、

キャッシュフロー表の例2

こちらは例として、夫の収入と基本生活費を物価上昇率1%と仮定しています。貯蓄残高の運用利率は0.5%と仮定しています。

2020年に家を購入したことで、貯蓄がマイナスになっていることがわかります。

このように夢や目標を取り入れながら、資金計画をたてていくと将来の生活を想定しやすくなります。

 

キャッシュフロー表のテンプレート

キャッシュフロー表を作成する時間がないという方は、よろしければ下記をご参考ください。

キャッシュフロー表のテンプレート

15年分のキャッシュフロー表になります。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ここまでお読み頂き、ありがとうございます。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。ぽちっと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ