安くテレビを見る方法は?光回線とアンテナの比較!

家のお金関連

前回の記事でテレビアンテナについて書きましたが、新築住宅を購入してテレビを見るためには必ずしもテレビアンテナをつけなければならないというわけではありません。

現在ではインターネットも普及しており、インターネット光回線でテレビを見ることもできます。
では、そのインターネット光回線でテレビを見る方法とテレビアンテナでテレビを見る方法とではどちらが安くお得なのかを比較していきます。
インターネット光回線であれば、テレビアンテナを設置しなくても、自宅のテレビで地上波放送を見ることができます。
テレビアンテナの設置工事費用はかかりませんが、インターネット光回線の接続工事は必要です。
光回線で見るテレビには、ひかりTV、フレッツテレビ、ケーブルテレビがあります。

 

インターネット光回線でテレビを見る場合の月額料金は?

・ひかりTVの月額料金
ひかりTVの月額最安値は、基本放送プランの月額1,000円です。

 

・フレッツテレビの月額料金
フレッツテレビの月額最安値は、基本料金が月額660円です。

 

・ケーブルテレビの月額料金
ケーブルテレビはj-comテレビだとスタンダードプランで月額5,280円です。

 

テレビアンテナを設置してテレビを見る

テレビアンテナを設置してテレビを見る場合は、アンテナ本体と設置工事の費用がかかります。

 

テレビアンテナの本体価格と設置工事費用は?

テレビアンテナ本体は、一般的に八木式アンテナで3000円~5000円前後平面(デザイン)アンテナで10,000円前後となっています。(インターネット通販や家電量販店をまわればもっと安いものもあれば高いものもあります)
設置工事費用は我が家のハウスメーカーでは、60,000円~80,000円前後だったと思います。家電量販店などでは、もう少し安いところもあるかもしれません。
大手家電量販店の見積りでは、48,000円程でした。

 

テレビアンテナの寿命は?

テレビアンテナの寿命は、一般的には10年といわれています。10年経てばなにかしらのメンテナンス費用がかかる可能性があります。

もちろん、何十年もそのままなんてこともありますが。。。

実家では確か何十年もそのままだったと思います。

 

光回線とアンテナの料金比較

インターネット光回線では、最も安いと思われるフレッツテレビの月額660円とし、テレビアンテナとどちらが安くテレビを見れるのかを比較していきます。
フレッツテレビは、契約料やインターネット接続工事費用などで初期費用が40,000円とします。
テレビアンテナは本体価格10,000円、設置工事費用が80,000円の計90,000円とします。
家に50年住むとして計算し、比較をしていきます。(概算となります)
フレッツテレビの場合は、初期費用40,000円と50年分の月額660円を支払い続けるとします。

 

40,000円+660円×50年=436,000円

 

一方テレビアンテナの場合は、本体価格10,000円、設置工事費用が80,000円の計90,000円ですが、テレビアンテナの寿命を考慮して10年に1回交換するとしたなら4回交換することになります。

 

90,000円×4回=360,000円




安くテレビを見るなら?

新築住宅でテレビを見る場合では、インターネット光回線(フレッツテレビ)とテレビアンテナの料金比較をした結果、アンテナを設置してテレビを見るほうが料金的には安くお得になりそうです。
初期費用では、テレビアンテナのほうが高くなりますが、長期的にみるとテレビアンテナのほうが費用は安くなります。
今回の比較では、テレビアンテナの寿命を一般的な10年として10年ごとの交換と見積りましたが実際にはそれほど交換をする可能性は低いかもしれません。
もしテレビアンテナの交換を15年に1回、20年に1回と想定するのなら上記で計算した360,000円よりさらに安くなります。
やはり初期費用や月額料金が安くても、長年毎月支払い続けるとなるとかなり高額になってしまいます。
私はインターネット光回線でテレビを見るよりもテレビアンテナでテレビを見るほうがお得だと思いますし、実際テレビアンテナを設置しようと考えています。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

前回の記事、八木式アンテナ・平面アンテナ(デザインアンテナ)・室内アンテナの比較については、こちらをご参考ください。