UR賃貸住宅の評判からみる8つのメリットとデメリット!4箇所の団地に住んでいた私の口コミ

私は、今までに4箇所のUR賃貸住宅の団地(マンション)に住んでいたことがあります。
築年数が50年以上の建物から10年以内の建物まで、住んでいたことがありました。

UR賃貸住宅には良い評判もあれば悪い評判もあり、様々な噂が流れています。
UR賃貸住宅の評判は実際のところどうなのか。

そこで今回は私の体験談もまじえて、UR賃貸住宅の評判からみるメリットとデメリットを書いていきます。

あくまでも私の体験談と私の考えなので、軽く参考にする程度に見ていただけたらと思います。

スポンサーリンク







UR賃貸住宅とは

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)が管理している賃貸住宅になります。
URとは、都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の頭文字をとってつけられています。

UR賃貸住宅の団地の申し込みは、基本的に抽選ではなく先着順となります。
よくCMなどでもURという言葉を見聞きすることがあります。

UR賃貸住宅の評判

UR賃貸住宅のメリット

初期費用が安くおさえられる

UR賃貸住宅の評判で最もメリットなところは、
UR賃貸住宅の団地では、初期費用が日割り家賃・日割り共益費・敷金のみになることです。

なんと礼金や仲介手数料は0円なのです。

民間の賃貸住宅では、仲介手数料は家賃1ヶ月分、礼金が家賃数ヶ月分もしくは数十万円となるケースが多いと思います。
さらに保証料や火災保険料などが必要になります。
ですから民間の賃貸住宅で契約をすると、初期費用だけで50万円とか軽く超えてくることがあったりします。

UR賃貸住宅では、保証会社を契約する必要もありませんし、火災保険加入も任意となっていますので、この二つの費用が除かれるだけでも数万円は安くおさえられます。
UR賃貸住宅の団地を、民間の不動産会社から紹介をしてもらう場合には仲介手数料がかかる場合がありますのでご注意ください。

私の友人は、民間の不動産会社経由で仲介手数料がかかったと言っていました。

ですからUR賃貸住宅の団地を探す場合は、UR賃貸店舗・UR営業センター・現地案内所に行くことをおすすめします。

更新料がかからない

UR賃貸住宅では、更新料が0円です。
これも大きなメリットといえます。

民間の賃貸住宅では、更新料でだいたい2年に1回に家賃1ヶ月分とか必要なケースが多いです。もちろん更新料がかからないところもありますが保証会社を契約していれば保証会社の更新料も支払う必要がでてきます。

UR賃貸住宅では、保証会社も契約をしなくていいのでその更新料もかかりません。

保証人不要

UR賃貸住宅では、保証人が不要となっています。
ですから保証人になってくれる人が見つからない人や、保証人が遠方にいて書類を書いてもらうのに手間や時間がかかる人にとってはメリットになります。

しかも保証会社も契約する必要がないので、費用もおさえることができます。

キャンペーンをよくしている

UR賃貸住宅では、キャンペーンや割引をしていることがよくあります。

物件や期間によっても異なりますが、敷金が1ヶ月分になったり、家賃が減額もしくは1ヶ月分が0円になるなど様々なキャンペーンや割引制度が用意されています。

またフリーレントといって、期間中に申込みをすると、家賃が1ヶ月分もしくは2か月分が無料となる制度もあります。
他のキャンペーンや割引制度としては、近居割・U35割・子育て割・そのママ割・LOVE得・URライトなどがあります。(2018年2月時点)
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする