UR賃貸住宅の評判からみるメリットとデメリット!4箇所の団地に住んでいた私の口コミ

賃貸
私は、今までに4箇所のUR賃貸住宅の団地(マンション)に住んでいたことがあります。築年数が50年以上の古い建物から10年以内の新しい建物まで、幅広く住んでいたことがあります。

UR賃貸住宅には良い評判もあれば悪い評判もあり、様々な噂が流れています。UR賃貸住宅の評判は、実際のところどうなのか。
そこで今回は私の体験談もまじえて、UR賃貸住宅の評判からみるメリットとデメリットを書いていきます。
あくまでも私の体験談と私の考えなので、軽く参考にする程度に見ていただけたらと思います。

UR賃貸住宅のデメリットは、記事下部の次ページから。

団地のイラスト
UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)が管理している賃貸住宅になります。URとは、都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の頭文字をとってつけられています。
UR賃貸住宅の団地の申し込みは、基本的に抽選ではなく先着順となります。よくCMなどでもURという言葉を見聞きすることがあります。

 

UR賃貸住宅の評判

UR賃貸住宅の評判でよく聞くのが、

「初期費用が安い」

「退去費用が安い」

「隣人の騒音トラブルやマナーがひどい」

「家賃が高い」

などですが、果たして実際はどうなのでしょうか。

 

UR賃貸住宅のメリット

耐震性が高い家のイラスト

UR賃貸住宅のメリットには、

  • 初期費用が安くおさえられる
  • 更新料がかからない
  • 保証人不要
  • キャンペーンをよくしている
  • 耐震性が安心
  • 原状回復負担区分が明確になっている
  • リノベーションされている
  • 安い家賃で広い間取りの部屋に住める場合がある
  • 敷地内の公園で遊べる

などがあげられます。

 

初期費用が安くおさえられる

UR賃貸住宅の評判にもあるように最もメリットを感じるところは、UR賃貸住宅の団地では初期費用が日割り家賃・日割り共益費・敷金のみになることです。

なんと礼金や仲介手数料は0円なのです。

民間の賃貸住宅では、仲介手数料は家賃1ヶ月分、礼金が家賃数ヶ月分もしくは数十万円となるケースが多いと思います。さらに、保証料や火災保険料などが必要になります。

ですから民間の賃貸住宅で契約をすると、初期費用で50万円を軽く超える場合があります。

UR賃貸住宅では、保証会社を契約する必要もありませんし、火災保険加入も任意となっていますので、この二つの費用が除かれるだけでも数万円は安くおさえられます。

 

内覧や契約はUR賃貸の店舗や現地案内所へ

UR賃貸住宅の団地を民間の不動産会社から紹介をしてもらう場合には、仲介手数料がかかる場合がありますのでご注意ください。

私の友人は、民間の不動産会社経由で仲介手数料がかかったと言っていました。ですからUR賃貸住宅の団地を探す場合は、UR賃貸店舗・UR営業センター・現地案内所に行くことをおすすめします。

 

更新料がかからない

UR賃貸住宅では、更新料が0円です。これも大きなメリットといえます。民間の賃貸住宅では、更新料でだいたい2年に1回に家賃1ヶ月分くらい必要なケースが多いです。もちろん更新料がかからないところもありますが、保証会社を契約していれば保証会社の更新料も支払う必要がでてきます。

UR賃貸住宅では保証会社を契約をしなくていいので、その更新料もかかりません。

 

保証人不要

UR賃貸住宅では、保証人が不要となっています。ですから保証人がいない人や、保証人が遠方にいて書類を書いてもらうのに手間や時間がかかる人にとってはメリットとなります。

しかも保証会社も契約する必要がないので、費用もおさえることができます。

 

キャンペーンをよくしている

UR賃貸住宅では、キャンペーンや割引をしていることがよくあります。物件や期間によっても異なりますが、敷金が1ヶ月分になったり、家賃が減額もしくは1ヶ月分が0円になるなど様々なキャンペーンや割引制度が用意されています。
他のキャンペーンや割引制度としては、
「URでPonta」
近居割
U35割
子育て割
そのママ割
LOVE得
URライト など
があります。(2019年9月時点)

 

耐震性に力を入れている

URのほとんどの団地で耐震診断をしており、必要に応じて耐震改修工事を順次おこなっているようです。

改正後の新耐震基準で建設したUR賃貸住宅は、旧耐震基準で求められている耐震性に加え、極めて稀にしか発生しない震度6強から震度7程度の大規模の地震に対しても、人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じない耐震性を確保しています。

出典元:UR賃貸住宅の耐震性について|UR賃貸住宅

大きな地震がきても安心できそうです。

 

原状回復負担区分が明確になっている

下記は国土交通省のホームページに掲載されている『原状回復』についてです。
原状回復を「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」と定義し、その費用は賃借人負担としました。
出典元:「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について|国土交通省

 

また、
退去時において、貸した側と借りた側のどちらの負担で原状回復を行うことが妥当なのかについてトラブルが発生することがあります。
出典元:「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」について|国土交通省

とあるように、民間の賃貸住宅では退去時に原状回復の負担をどこまでする必要があるのか明確になっていないことがあります。

しかし、UR賃貸住宅では貸主(UR側)と借主の負担する内容が明確にされていますので退去時のトラブルは少なくなるといえます。

 

退去費用が安い?

UR賃貸住宅の原状回復負担区分は明確になっているが、退去費用は実際安くなるのか。

冒頭でも書きましたが、私は今まで4箇所のUR賃貸住宅の団地に住んだことがあります。ですが、実際退去費用が一万円を超えたことは一度もありませんでした。

退去費用は一番安くて3000円程度、高くても8000円程度だったと思います。ですから退去費用は、民間の賃貸住宅より安くなることが多いと思います。
ただひとつひっかかったのは、もともと入居時からついていたドアの汚れの清掃費用を、退去時に私が負担しなければならなかったことです。
抗議する時間がなかったのであきらめましたが、なんではじめからついていた汚れの清掃費用を私が負担しないといけないのか。。。(`へ´*)ノ

 

退去時の立ち会いは任意?

ちなみに退去時の立ち会いは、任意で決めることができます。立ち会うこともできますし、立ち会わなくても退去後にURの職員さんが勝手に部屋を見てくれるので大丈夫です。



私は前者も後者も両方経験したことがあります。立ち会うか立ち会わないかは、退去時に書く書類の中にそういったことを書く欄がありますのであらかじめ提出して伝えておく必要があります。
私の経験からして、立ち会わなかったから退去費用が高く見積もられたということはなかったように思います。
ですから時間がとれない場合は、無理に立ち会う必要もないかと思います。ですが、やはり立ち会ったほうがひとつひとつの汚れや破損に対して説明や言い訳ができるので、満足する結果にはなりやすいかもしれません。

 

リノベーションされている

UR賃貸住宅では、築年数が古い団地はリノベーションをされていることが多いです。

実際私が住んでいたUR賃貸住宅の団地でも、外観はボロボロの建物ですが中に入ると綺麗な部屋となっているところがありました。

 

リノベーションとは?

下記はリノベーションについての引用です。
中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。
出典元:リノベーションとは|リノベーション住宅推進協議会

そのため、家賃が安く築年数が古い団地だったとしてもリノベーション物件であれば、部屋の中は綺麗で生活しやすくなっているのでおすすめです。

 

安い家賃で広い間取りの部屋に住める場合がある

UR賃貸住宅の評判では、悪い意見としてよく「家賃が高い」といわれています。たしかにUR賃貸住宅では、民間の賃貸住宅よりも家賃が高いところが多くあります。
特に築年数が浅い団地や駅近の団地などの物件では、家賃が民間の賃貸住宅より高く設定されていることが多い気がします。
しかし反対に築年数が古くて駅から遠い団地の物件に関しては、家賃が民間の賃貸住宅より安い場合もありお得になることがあります。
このようにUR賃貸住宅では家賃が非常に高く設定されているところもあれば、反対に家賃が安く設定されているところもあるので一概には家賃が高いとはいえません。

 

敷地内の公園で遊べる

UR賃貸住宅の規模が大きい団地などでは、その敷地内に公園がつくられていることがあります。
子供の遊び場が部屋を出てすぐにあるのは子供にとって嬉しいことですし、親にとっても子供が見えるところで遊んでいれば心配も減るので安心です。

仲介手数料が半額になる賃貸物件をお探しなら下記記事もご参考ください。

イエッティ(ietty)のメリットデメリットと評判は?
部屋探しで賃貸物件を見つけて契約に至るまでには、基本的には街の不動産屋さんに行かなければなりません。

UR賃貸住宅のデメリットは、次のページへ