地震保険を手厚くするには?地震補償保険との違いは?

家のお金関連
住宅を購入すれば、災害や事故で建物に損害が出たときのために保険に加入しておく必要があります。

災害には、火災、水災、風災、落雷、雪災などがあります。
とくに日本では地震の発生が多いので、地震で住宅が倒壊してしまったときのために火災保険だけではなく地震保険にも加入しておきたいところです。
地震保険とは、

地震保険は地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する地震災害専用の保険です。

出典元:地震保険制度の概要|財務省

 

地震保険の対象となるのは、居住用の建物と家財です。
地震保険は単独では加入できず、火災保険に付帯して(セットで)加入できる保険となります。
地震によって起こった火災は、火災保険の補償対象外となるので注意が必要です。地震保険は、地震保険料控除の対象となります。

 

二階建てと三階建て住宅の比較については、こちらの記事をご参考ください。

三階建て住宅のメリットデメリットは?二階建て住宅との比較!
家を建てるときに二階建てか三階建てにするかで悩むことがあります。土地の広さによって二階建てか三階建てにするかはある程度決まってしまいますが、みなさんはどちらがお好みでしょうか。

地震保険を手厚くするには

地震で揺れる建物
地震保険は単独では加入できず、火災保険に付帯して加入できる保険です。そして地震保険の保険金額については、火災保険の保険金額の30%~50%で設定するように決められています。
つまり火災保険の保険金額が1,800万円の場合、付帯する地震保険の保険金額は最大で900万円となります。
さらに地震保険は保険金額の最高限度額が決められており、建物は5,000万円、家財は1,000万円までとなっています。

そのため地震保険の保険金額のみでは、実際に建物が倒壊したときの建て直し費用や修繕費に当てるには少ないので、地震に備える保険を手厚くしたいと考えている方は多いと思います。

地震保険を手厚くするためには、地震保険とはまた別に地震補償保険に加入するという方法があります。

 

地震補償保険とは

地震補償保険とは、火災保険に付帯する地震保険とは異なり、単独で加入できる保険です。正式名は、Resta(リスタ)という地震補償保険になります。
地震補償保険は、地震保険料控除の対象にはなりません。



地震保険と地震補償保険(リスタ)の違いとは?5つの項目の比較

地震保険と地震補償保険を5つの項目で比較していきます。

 

保険加入方法の比較

地震保険は、火災保険に付帯して加入できる保険です。
地震補償保険は、単独で加入できる保険です。

 

地震保険料控除の比較

地震保険は、地震保険料控除の対象となります。
地震補償保険は、地震保険料控除の対象にはなりません。

 

保険金額の比較

地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の最大で50%までとなります。
地震補償保険の保険金額は、最大で900万円となります。

 

損害認定区分の比較

地震保険は、全損、大半損、小半損、一部損の4区分となります。
地震補償保険は、全壊、大規模半壊、半壊の3区分となります。

 

損害認定方法の比較

地震保険は、保険会社による調査・査定がおこなわれます。
地震補償保険は、地方自治体が調査をして発行する「罹災(りさい)証明書」にもとづいて査定がおこなわれます。

 

・罹災証明書について、

市町村長は、当該市町村の地域に係る災害が発生した場合において、当該災害の被災者から申請があつたときは、遅滞なく、住家の被害その他当該市町村長が定める種類の被害の状況を調査し、罹災証明書(災害による被害の程度を証明する書面)を交付しなければならない。(災害対策基本法第90条の2)

罹災証明書は、各種被災者支援策の適用の判断材料として幅広く活用されている。

出典元:罹災証明書|内閣府



まとめ

住宅の地震に備える保険として、地震保険と地震補償保険があります。
地震保険でとくに注意しておきたい点が、
地震保険は単独では加入できず、火災保険に付帯して加入する保険であること
地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の最大で50%までであること

 

地震補償保険は、地震保険を手厚くする目的で地震保険と合わせて加入することもできますし、地震保険に加入せずに地震補償保険単体のみで加入することもできます。
地震補償保険でとくに注意しておきたい点が、
地震補償保険は、地震保険料控除の対象にならないこと
保険金額が最大900万円で、世帯人数により保険金額が異なること

 

日本は地震大国と言われています。
地震は天気のように正確な予報が困難なので、いつどこでどの程度の地震が起こるかはほとんどわかりません。
そのため、地震によって住宅が倒壊したときに補償される保険には是非加入しておきたいところです。
地震保険を手厚くするには地震補償保険に加入する必要がありますが、それぞれの保険の特徴や違いを理解して月々の保険料が増えて家計が圧迫されないように資金計画を立てて保険を検討していきたいところです。

ブログランキングに参加しております。