田舎暮らしのメリットとデメリット

新築住宅を購入する際に、

どこに住もうか
どこの土地を買おうか

と悩まれる方も多いと思います。

そのなかで、

都会の都心部か
郊外の田舎か

どちらに住むかでもみなさん意見が分かれるところだと思います。

私はもともと郊外の田舎派だったので、田舎に家を買って住むことにしました。

実際に郊外の田舎に住んでみて良かったことは多いです。

しかし良くなかったこともたくさんあります。

そこで今回は田舎と都会両方に住んだことのある私の経験談から、田舎に住宅を購入して住む場合のメリットとデメリットを書いていきたいと思います。

田舎暮らしのメリットとデメリット

田舎に住宅を購入すれば良いことがたくさんあります。

ただやはり不便に感じることも多いです。

田舎暮らしのメリット

閑静

田舎暮らしであれば、都会暮らしと違い、人の話声や店の音楽、車の騒音など聞こえてくる音が少なく閑静です。

私は幹線道路沿いに住んでいたことがあるので、とくに車の騒音が減ったことには感激しました。

幹線道路沿いの住宅のメリットとデメリットについては、こちらの記事をご参考ください。

賃貸や住宅購入の際に物件(マンションや土地)を探していると、まれに「幹線道路沿いの物件」という言葉を見聞きすることがあります。 私はそ...

ただ鳥や虫の鳴き声がよく聞こえてきます。

まあそんなに気になりませんが。

空気が綺麗

田舎暮らしであれば、空気が綺麗です。というか計測をしたことはないので、『綺麗な感じ』がします。

実際田舎のほうが排気ガスなども少ないので空気は綺麗だと思います。

そして空気が綺麗と思っていると、気分的にも落ち着く感じがします。

バルコニーを見ても、都会の幹線道路沿いのマンションのバルコニーでは砂埃が凄かったのですが田舎の住宅のバルコニーでは砂埃がほとんどありません。

景観が良い

田舎暮らしであれば、山や川、草木などの豊かな自然に囲まれています。

そして季節ごとに風景も変わるので景観が良くなります。

夜になると星もたくさん見れます。

都会であれば、ビルやマンションなどの大きな建物に囲まれるので
自然をたっぷりと見る機会は少なくなります。

子供がいても安心

都会暮らしであれば車や人通りが多いので、小さい子どもがいると危ない場面に遭遇する可能性が高くなります。

田舎暮らしであれば、交通量は少なくそういった心配も減少します。

土地価格が安い

田舎は都会に比べて土地の価格が安いことが多いです。

土地の価格が安いだけでも、非常に大きなメリットといえます。

賃貸であれば、当然家賃も安くなります。

スポンサーリンク




田舎暮らしのデメリットについては、次のページで!

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする