ビルトインガレージで後悔しないために知っておきたい7つのメリットと6つのデメリットとは?

狭小地に住宅を建てるときなどには、ビルトインガレージをつくることがあります。

建売住宅でも、たまにビルトインガレージがつくられた住宅を見かけます。
このビルトインガレージにも、メリットとデメリットはあります。

ビルトインガレージとは、クルマを格納するスペース(車庫)を建物の一部に組み込んで、シャッターやドアを設置したクローズドタイプのガレージのこと。

出典元:住宅用語大事典|SUUMO
ビルトインガレージは、インナーガレージとも呼ばれることがあります。

狭小地にある三階建て住宅の一階部分に、ビルトインガレージがつくられていることが多いです。
ビルトインガレージは、ボックスガレージとはまた別のガレージになります。

ボックスガレージについては、こちらの記事をご参考ください。

インターネットや不動産の店舗で家や土地を探していると、まれに掘り込みガレージや掘り込み式車庫という言葉を目にすることがあります。 ...

ビルトインガレージのメリットとデメリット

ビルトインガレージをつくってから後悔しないために、知っておきたいメリットとデメリットを書いていきます。

ビルトインガレージの7つのメリット

敷地の有効活用ができる

ビルトインガレージの最大のメリットは、限られた敷地を有効に活用できることです。
一般的なガレージでは、住宅とガレージをつくる敷地が必要になります。

しかしビルトインガレージでは、住宅の中につくるガレージになるので住宅の敷地さえあればビルトインガレージをつくれます。
狭小地のような狭い敷地の場合には、大きなメリットになるといえます。

防犯面が良い

ビルトインガレージは、『シャッターやドアを設置したクローズタイプのガレージ』になるので車に対しての防犯面が良いというメリットがあります。
ビルトインガレージでは、住宅の中からすぐに車を確認することもできますので安心です。

直射日光や雨にあたらない

ビルトインガレージは住宅の中にあるガレージになりますので、ビルトインガレージに駐車しているときに車が直射日光や雨にあたることはありません。
一般的な外につくるガレージですと、カーポートをつくらなければならないので外構工事費用が高くなってしまいます。
また直射日光や雨にあたらないのは車だけでなく、車の乗り降りの際には自分たち自身も直射日光や雨にあたらずに済みます。




車をずっと眺めていられる

ビルトインガレージにすれば、住宅の中で車を眺めていたいときにいつでも眺めていることができます。

これは車好きな方にとっては、メリットになります。

このように、ビルトインガレージを趣味部屋としても利用することができます。

倉庫として使える

ビルトインガレージは車を駐車するだけでなく、物置きの倉庫としても使えるというメリットがあります。
置き場がない不要品などをゴミに出すまでの間、とりあえずビルトインガレージに置いておくということもできます。

駐車料金をおさえられる

もし狭小地でガレージのつくれない住宅であれば、車を月極め駐車場などで契約して駐車をしなければなりません。
ビルトインガレージをつくれば、月極め駐車場などに駐車をしなくて済むので毎月の駐車料金はおさえられます。
都市部では特に駐車料金が高くなりますので、ビルトインガレージのメリットは大きくなります。

固定資産税が安くなる

建築基準法において、ビルトインガレージを設ける場合、ガレージの面積が延べ床面積の1/5までは床面積に含めなくてもよいとされている。

出典元:住宅用語大事典|SUUMO

例えば三階建ての住宅で一階部分にビルトインガレージをつくり、そのガレージが住宅の延べ床面積の1/5までであれば住宅の床面積に含めなくていいことになります。
つまり、延べ床面積の1/5までのビルトインガレージであれば、ビルトインガレージがある三階建て住宅とビルトインガレージのない三階建て住宅では、同じ三階建て住宅でも前者のほうが固定資産税は安くなります。
ただ自治体によって評価基準が異なることもあるようなので確認が必要です。

固定資産税については、こちらの記事をご参考ください。

家を買えば様々な税金が発生してきます。 その税金には登録免許税、不動産取得税、印紙税、固定資産税、都市...

ビルトインガレージで後悔しないために知っておきたい6つのデメリットは、次のページへ続く