地盤調査の時期(タイミング)は?地盤改良工事の費用が80万円かかった!

建て売り住宅では、土地の上にすでに建物が建っているので、私たちが買うときには地盤調査は終わっています。

しかし、注文住宅の場合では、土地にはまだ何もなく、その上にどんな家が建つかも決まっていませんので、それが決まってから地盤調査をしてもらわないといけません。
地盤調査を行う時期(タイミング)はいつなのか。

目次

地盤調査
地盤改良
まとめ

スポンサーリンク




地盤調査

地盤調査とは
家などの建物を建てるときにその土地の地盤の強度や性質などを調査することです。

地盤調査をする時期(タイミング)

ポイントとしては、ハウスメーカーとの設計の打ち合わせで家の間取り決定は必ず終えておく必要があるようです。

設計で土地の敷地の中のどこに家がどういう間取りで立つかなどを決めてから、その下にある地盤が設計で決めた家の重さに耐えられる強度かを調べるということです。

自分が所有している土地もしくは買う予定の土地の地盤の強度を調べる

調べるといっても、実際に現地で専門家のように調べるのではないので、細かい分析はできませんが、良好な地盤か軟弱な地盤かなどを調べることができます。

それはこちらです。

全国地盤サーチGAIA

掲載件数は約54000件となっています。

地盤の種別は3種類で表示されていてわかりやすいです。

・良好な地盤

特別な地盤対策・地盤改良工事を必要としない地盤、または浅い部分(基礎下から0.3m程度迄)のみ地盤対策を行えばよい地盤

・表層部分が軟弱な地盤

表層部分(地表面から1m程度)の地盤対策・地盤改良工事を必要とする地盤

・深い部分まで軟弱な地盤

杭工事等、深い部分までの地盤改良工事を必要とする地盤

出典元:住宅地盤の地業について(表示区分について)|全国地盤サーチGAIA

もし自分が所有している土地や買う予定の土地周辺が掲載されていれば、家を建てるときに地盤改良工事を大がかりにする必要があるかなどの判断材料にはなりそうです。

地盤改良

地盤改良とは
地盤調査をしてもらい、地盤が軟弱であったり不具合な箇所があるなどの判定が出れば、必要になる地盤の改良工事です。

地盤改良工事の費用

我が家では当初、ハウスメーカーの営業さんより、地盤調査・改良工事は50万円程度を予定しておいてもらえればとのことでした。もっと安くおさまる可能性もありますしという感じで。
ところが実際では80万円程度かかりました。
結構痛かったです(ToT)
地盤が少し軟弱であったので、打つ杭の数が増えたりしたようです。
見積書の中には、杭の数と費用、重機の費用、ガードマンの費用などが入っていました。

え、ガードマンの費用まで出すの(゜〇゜;)?????

と思いながらも、安全な家が建てられるようになるなら仕方ないですよねー。

まとめ

家を建てるには地盤調査を必ずしなければなりません。
地盤調査をする時期(タイミング)としては、設計士さんとの打ち合わせで図面が確定してからになります。

設計士さんとの打ち合わせの流れの記事はこちらに書いています。

注文住宅を建てる際には、ハウスメーカーの設計士さんとの打ち合わせで間取りや家の広さなどを決めていきます。 この設計士さんとの打ち合わせ...
地盤調査で改良が必要と判断されれば、地盤改良工事の費用は高額になる可能性もありますが、家の安全を考えると業者さんにおまかせをするしかありません。

実際に地盤調査の書類を見せてもらいましたが、素人の私ではほとんど書いている内容がわかりませんでした。

地盤改良工事の費用を少しでも抑えたいところですが、安全な家を建てるためと思い、我慢しましょう(/_;)/~~

スポンサーリンク




□■□■□■□■□□■□■□■□■□

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加中ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする