建売と注文住宅の比較!建売住宅の6つのメリット。

さて、今回は建売住宅と注文住宅を比較してどちらがおすすめなのかを書いていきたいと思います(*・ω・)ノ

マイホーム購入か賃貸でマイホーム購入を選び、一戸建てかマンションで一戸建てを選んだ人が次に決めなければならない選択肢です。建売住宅にするか注文住宅にするかで悩まれる方は多いと思います。

今回はハウスメーカーの営業の方に聞いたことや私が調べた結果をふまえて、建売住宅と注文住宅の比較を書いていきます。

スポンサーリンク

建売住宅と注文住宅とは

まず建売住宅、注文住宅はそれぞれどういった住宅か見ていきましょう。

建売住宅とは

まず建売住宅とは、

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のこと。一般的には、まとまった土地をいくつかの区画に分けて、同じ仕様の住宅を何棟か建てて販売する。住宅が完成してから販売する場合もあれば、設計プランは決まっているが建築中の段階で販売する場合もある。

出典元:建売住宅VS注文住宅|SUUMO

建売住宅は購入するとき、土地と建物がセットになります。

建売住宅と分譲住宅の違いとは

インターネットで不動産サイトなどを見ていると、建売住宅や分譲住宅という言葉をよく見聞きすることがあります。

建売住宅と分譲住宅の違いは、一体何なのか。

建売住宅とは、不動産会社が土地に建物を建て、土地と建物を一体として販売する住宅のことです。

出典元:不動産用語集:不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME’S

建売住宅は、不動産会社によってすでに建てられている住宅です。

建売住宅のなかには、一部住宅が建てられる前から販売されているものもあります。

続いて、分譲住宅の説明になります。

まとまった住宅を分割して販売されているのが分譲住宅です。

出典元:不動産用語集:不動産・住宅情報サイトLIFULL HOME’S

分譲地にすでに建てられている住宅が分譲住宅になります。

この「すでに建てられている住宅」は建売住宅になりますので、分譲住宅は建売住宅とも呼ばれます。

建売住宅と分譲住宅の違いは、分譲地に建てられている住宅であるかどうかになります。

しかし建売住宅が建てられているのは分譲地が多いので、建売住宅と分譲住宅は同じ意味として使用されていることが多いようです。

注文住宅とは

続いて注文住宅とは、

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のこと。ハウスメーカーや工務店に設計と施工をまとめて依頼する方法もあれば、建築事務所に設計と施工監理を依頼し、工務店に施工を依頼する方法もある。

出典元:建売住宅VS注文住宅|SUUMO

注文住宅は、土地と建物はセットではありません。土地を所持していれば家を建ててくれるハウスメーカーを探せば良いですし、土地を所持していなければ土地探しも行う必要があります。

建売住宅と注文住宅を比較

建売住宅と注文住宅を、

・費用
・質、丈夫さ
・理想のマイホーム度
・入居できるまでの期間

の4つの項目で比較して見ていきましょう。

比較その1 費用(安さ)

費用面では、建売住宅のほうが安くおさえられる事のほうが多いようです。

また基本的には建売住宅の場合では、だいたいの費用が決まっておりその額から大きく増えることはほとんどありません。

注文住宅の場合も予算はあらかじめ決めておけるのですが、なにしろ自由設計で自由なコーディネートが出来るのでいつの間にか費用が高くなってしまうといったことがありがちです。。。

さらに建売住宅は土地と建物をセットで購入する一方、注文住宅では土地と建物を別々に購入するため予算をオーバーしやすくなります。

また、建売住宅では外構がすでに完成していますが、注文住宅では家を建てたあとに外構をつくっていかなければなりません。そのため、費用は増えていきます。

比較その2 質や丈夫さ

質はハウスメーカーにもよりますが、基本的には注文住宅のほうが良いといった印象です。耐震に関しても、建売住宅では等級が低いところが多いようです。

さらに建売住宅の場合は、ほとんどが建てられた後なので建築中の見学は出来ません。

注文住宅であれば、注文してからの建築となるので建築中の見学が可能です。

手抜き工事などを特に気にされている方は、自由に見学が出来る注文住宅を選ぶほうが良いかもしれません。

見学したからといって手抜き工事が絶対なくなるとは言い切れませんが、建ててくれている大工さんがどんな方なのかも見れますし、建築中に全く見学ができない建売住宅よりはそういったリスクが減るのかなとも思います。

比較その3 理想のマイホーム度

理想のマイホーム、これは絶対に注文住宅でしょうね(・∀・)

間取りから色や機能まで、何から何まで自分の思い通りに決められますから。

ぴったりと自分のイメージと合っている建売がある、もしくは住宅に関してそれほどこだわりがないという方は建売住宅でも全然問題なしだと思います。

むしろ建売住宅でも様々な機能が始めからしっかりとついていたりすることもあるので。

注文住宅だと一つ一つが思い通りにはできますが、オプション費用で高額になっていくことがあります。

あとは量産的に建てられている建売住宅より、一つ一つ注文を受けてから建てられている住宅住宅の方がなんとなくイメージ的にもいいですよね。

比較その4 入居できるまでの期間

建売住宅はすでに住宅が完成しているので、注文住宅に比べて入居できるまでの期間は短くすみます。

注文住宅は何回も見学や打ち合わせをおこないながら、数ヶ月から数年かけて建てていくものなので入居できるまでの期間は長くなります。

建売住宅の6つのメリット(注文住宅との違い)

注文住宅と比べて、建売住宅の6つの良い点をまとめてみました。

建売は土地と住宅を一緒に購入できる

建売住宅のメリットのひとつとしてあげられるのは、土地と住宅を一緒に購入できることです。

注文住宅では、まず土地を購入してそこから住宅を建てていくので、土地と住宅を一緒には購入できません。

建売はつなぎ融資を利用しなくて良い

建売住宅では土地と住宅を一緒に購入するため、つなぎ融資を利用しなくて良いというメリットもあります。
つなぎ融資は住宅ローンの本融資とは別に手数料がかかり、金利も高く設定されているため、できることなら利用は避けたいところです。

注文住宅では、土地を購入してから住宅の建築費用を支払うまで時間差があるため、自己資金がなければつなぎ融資を利用しなければなりません。

建売はすぐに住むことができる

一般的に建売住宅では住宅が完成してから販売されているため、購入をすればすぐに住むことができます。

すぐに新しい家に引っ越しをして住みたいという方にとっては大きなメリットとなります。

注文住宅では、打ち合わせに数ヶ月、建築に数ヶ月という期間がかかるため、当然すぐには住むことができません。

建売は外構工事がされている

建売住宅では住宅が完成してから販売されていますが、外構工事も済んでいることが多いです。

外構工事の費用がかからないのは大きなメリットです。

注文住宅では、住宅の建築とは別に外構工事を業者に依頼しなければならないので、そのぶん費用も別にかかってきます。

建売は費用が比較的安い

建売住宅のメリットとして、よく聞くのが費用を安くおさえられることです。

安いといっても建売住宅の種類や場所などによっては、費用が安い住宅もあれば高い住宅もあります。

しかし、注文住宅と比較した場合、一般的にはやはり建売住宅のほうが費用が安く感じることが多いです。

建売は資金計画を立てやすい

建売住宅のメリットのひとつとして、資金計画を立てやすいことがあげられます。

注文住宅では、土地と住宅費用が別ですし、住宅設備や間取りなどによって追加費用がかかることが多くなります。

建売住宅では住宅が完成していますので、住宅設備や間取りの変更などはできません。(一部完成前などでは住宅設備を変更できるところもあります)

ですから、追加費用がかかる可能性は少なくなるので資金計画を立てやすくなります。

建売住宅が向いている人、注文住宅が向いている人

建売住宅と注文住宅を比較してみて、あらためて建売住宅にするか注文住宅にするか、どちらが自分に向いているのか。

あくまで私の主観ですが、

・予算をおさえたい
・耐震とかそこまで気にしない
・間取りは気にしない
・土地と別々に買うのが面倒だ
・つなぎ融資はしたくない
・早く入居したい

などといった方は、建売住宅が向いていると思います。

反対に予算は少し上がるけど、

・耐震がしっかりしている
・一つ一つ決めて確認しながら進めていきたい
・間取りを考えたい
・気になっている土地がある

などといった方は、注文住宅が向いていると思います。

私は予算をおさえたかったのですが人生で1度だけの経験なので、せっかくだから自分好みの家にしたかったのと、耐震をしっかりしたいというこだわりがあり注文住宅にしました。

ちなみに妻も注文住宅派であったのでまたまた喧嘩もなく決まりましたw

一戸建てとマンションどちらがおすすめかを知りたい方は下記記事へ。

一戸建ての良いところとダメなところは?
今回はマイホームを購入すると決めたけど、購入するなら一戸建てとマンションのどちらがおすすめなのって自分なりに考えたところを比較して書いていきます。

まとめ

建売住宅と分譲住宅の違いには、明確な定義はなく、同じ意味として使われていることが多いです。

あえて建売住宅と分譲住宅の違いを言うならば、分譲地に建てられているかどうかがポイントとなりそうです。

建売住宅(分譲住宅)には、メリットがいくつかあります。そのメリットのなかでも、やはり注文住宅に比べて費用が安いことが最も魅力的なところです。

さらに、つなぎ融資を利用しなくて良いことや外構工事を頼まなくて良いなど、追加の費用を節約できる可能性は高くなります。

ただ、間取りや住宅設備の変更など注文住宅のように自由な設計ができないので物足りなさを感じるかもしれません。

アンケート調査からみる住宅を購入する理由の記事はこちら

家を買う理由をアンケート調査から見る!
住宅の購入を検討しはじめたときに気になるのが、「住宅を購入する時期(タイミング)」と「住宅を購入する理由」です。 「よし家を買おう!!」と思っても大半の人は初めての経験となりますので、家を建てる流れも分からないし、家を買う費用も気...

FC2ブログランキングに参加しております。よろしければポチって頂けると幸いです。