粗大ゴミの6つの処分方法

引っ越しをするときに、最も困るのが粗大ゴミの処分です。

特に新築の家に引っ越しをする場合には、家具や家電を新しく買い替えたくなりがちなので粗大ゴミが増えてしまいます。

出来ることなら、新築の家に汚れた家具や壊れかけの家電などを持ち運びたくはありませんからね(._.)

普段断捨離がなかなか出来ない方にとっても、引っ越しをきっかけに断捨離をおこなう方も多いと思います。

粗大ごみについて

粗大ゴミとは

家庭から排出される、家具や自転車、布団などの大きなものや、家電製品など小さくても燃やす前に砕かなくてはならないものをいいます。

出典元:不動産用語集|LIFFUL HOME’S

粗大ゴミの処分方法

粗大ゴミの処分は、一般ゴミと同じように処分することはできません。

だからこそ粗大ゴミの処分には本当に困ります。

粗大ゴミの回収・処分方法には、いくつかの方法があります。

各自治体に回収・処分してもらう(有料)

他の民間の不用品回収業者などに比べ、費用が明確です。
また自治体ということもあり安心して利用できます。
ただ粗大ゴミを指定されたゴミ捨て場まで運ばなければならないので、それが大変かもしれません。
高齢者などであれば、部屋まで粗大ゴミを回収しにいくという自治体もあるようです。

引っ越し業者に回収・処分してもらう(追加料金となることが多い)

引っ越しをするときに、引っ越し業者についでに粗大ゴミの回収・処分を依頼することも可能です。

ただその分費用は高くなります。

いくつもの業者と連絡を取り合うのが面倒くさく感じる方には、引っ越し業者で引っ越しをするときについでに粗大ゴミの回収・処分を依頼しておくのもいいかもしれません。

不用品回収業者に回収・処分してもらう(有料)

自治体に回収・処分してもらうよりも、費用が高くなるところが多いようです。

ただ不用品回収業者に依頼すれば、基本的に部屋の中まで粗大ゴミを回収にきてくれるので助かります。

リサイクル業者に買い取りしてもらう(一部有料となることがある)

本来粗大ゴミの処分にお金がかかるところですが、もし買い取りしてもらえればとてもお得に粗大ゴミを処分することができます。
ただなかなか理想通りに買い取りしてもらえないのが現状のようです。

自分でゴミ処理場へ持っていく(有料であるが他の方法より安い)

自分で粗大ゴミをゴミ処理場に持って行ければ、他の業者などに依頼をするよりも安くおさえることができます。

しかし、家具や家電などの大きいゴミは自家用車に積みきれないことが多いので実用的ではありません。

軽トラやカートなどがあれば、自分たちで運ぶこともできるかもしれませんが。

友人・知人や家族に引き取ってもらう(無料)

友人・知人や家族に処分したい家具や家電を引き取ってくれる人がいれば、無理で処分することができます。

しかし、引き取ってくれる友人・知人や家族が遠くに住んでいれば配送料が高くかかります。

スポンサーリンク




まとめ

引っ越しをするときにはなにかと出費がかさむ時期なので、粗大ゴミの処分ではできる限り出費をおさえたいものです。

しかし粗大ゴミの処分では、数千円~数万円も費用がかかることが多いようです。

処分をするだけなのに費用がかかるというのもなんだか勿体ない気もしますが、仕方ありません(ノ_・。)

そして粗大ゴミの処分には、基本的に処分できるまでにある程度の日数が必要になります。自治体や回収業者などに依頼をして、即日に回収してくれるというものではありません。

ですから粗大ゴミの処分には、引っ越し日やマンションの明け渡し日に間に合うように余裕をもって行動しておきたいところです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

引っ越し一括見積りサイトのメリットとデメリットについては、こちらの記事をご参考ください。

引っ越しをするときに、どこの引っ越し業者に依頼をするか迷います。 費用面をとるか、安心面をとるか人それぞれ考え方は...

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。

よろしければぽちっと応援お願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする