引っ越し時の粗大ゴミの8つの処分方法

引越し
引っ越しをするときに、最も困るのが粗大ゴミの処分です。
特に新築の家に引っ越しをする場合には、家具や家電を新しく買い替えたくなりがちなので粗大ゴミが増えてしまいます。

出来ることなら、新築の家に汚れた家具や壊れかけの家電などを持ち運びたくはありませんからね(._.)

普段断捨離がなかなか出来ない方にとっても、引っ越しをきっかけに断捨離をおこなう方も多いと思います。

粗大ゴミとは、

家庭から排出される、家具や自転車、布団などの大きなものや、家電製品など小さくても燃やす前に砕かなくてはならないものをいいます。

出典元:不動産用語集|LIFFUL HOME’S

粗大ゴミは物の買い換えや引っ越しのときに、どうしても増えてしまいます。

引っ越し時の粗大ゴミの処分方法

引っ越し時の家具の処分

粗大ゴミの処分は、一般ゴミと同じように処分することはできません。
だからこそ粗大ゴミの処分には本当に困ります。
粗大ゴミの処分方法には、いくつかの方法があります。今回は8つの処分方法をご紹介します。



各自治体に回収・処分してもらう(有料)

自治体は他の民間の不用品回収業者などに比べ、費用が明確です。また自治体ということもあり、安心して利用できます。
ただ粗大ゴミを指定されたゴミ捨て場まで運ばなければならないので、それが大変かもしれません。
高齢者などであれば、部屋まで粗大ゴミを回収しにいくという自治体もあるようです。

 

引っ越し業者に回収・処分してもらう(追加料金となることが多い)

引っ越しをするときに、引っ越し業者についでに粗大ゴミの回収・処分を依頼することも可能です。

ただ、その分費用は高くなります。

複数の業者と連絡を取り合うのが面倒に感じる方には、引っ越し業者で引っ越しをするときについでに粗大ゴミの回収・処分を依頼しておくのもひとつの方法です。

 

不用品回収業者に回収・処分してもらう(有料)

不用品回収業者は自治体に回収・処分してもらうよりも、費用が高くなるところが多いようです。

ただ不用品回収業者に依頼すれば、基本的に部屋の中まで粗大ゴミを回収にきてくれるので、指定された場所まで運ぶ手間なく助かります。

 

リサイクル業者に買い取りしてもらう(一部有料となることがある)

本来粗大ゴミの処分にお金がかかるところですが、もしリサイクル業者で買い取りしてもらえればとてもお得に粗大ゴミを処分することができます。
ただなかなか理想通りに買い取りしてもらえないのが現状のようです。

 

私が粗大ゴミの処分で利用したおすすめのリサイクル業者はこちら

トレジャーファクトリーの出張買取りを利用した私の口コミ!
粗大ゴミの処分には、基本的に費用がかかります。しかしうまくいけば、費用をかけずに処分できる方法もあります。

自分でゴミ処理場へ持っていく(有料であるが他の方法より安い)

自分で粗大ゴミをゴミ処理場に持って行ければ、他の業者などに依頼をするよりも安くおさえることができます。

しかし、家具や家電などの大きいゴミは自家用車に積みきれないことが多いので実用的ではありません。

軽トラやカートなどがあれば、自分たちで運ぶこともできるかもしれませんが。

 

大型らくらくメルカリ便を利用する(売れればお得)

処分したい粗大ゴミのなかには、まだまだ使える家電や家具などもあると思います。

捨てるのがもったいないけど処分したい。そんなときにはメルカリとヤマトホームコンビニエンスが共同で提供している大型らくらくメルカリ便を利用するのもひとつの方法です。

大型らくらくメルカリ便のメリットは、自分で梱包や配送をしなくて良いところです。

出品した商品が売れたら、業者が集荷に来てくれて梱包や配送をしてくれるのです。

 

家電量販店に下取りしてもらう(無料もしくはキャッシュバックも)

テレビや冷蔵庫などの大型家電であれば、家電量販店で新しいものを買えば下取りしてもらえる場合があります。

引っ越しと家電の買い替えの時期が同じであれば、下取りを利用して不用な家電を処分することができます。

 

友人・知人や家族に引き取ってもらう(無料)

友人・知人や家族に処分したい家具や家電を引き取ってくれる人がいれば、無料で処分することができます。

しかし、引き取ってくれる友人・知人や家族が遠くに住んでいる場合はかえって配送料で費用が高くつきます。

 

まとめ

引っ越しをするときにはなにかと出費がかさむ時期なので、粗大ゴミの処分ではできる限り出費をおさえたいものです。

しかし粗大ゴミの処分では、数千円~数万円も費用がかかることが多いようです。
処分をするだけなのに費用がかかるというのもなんだか勿体ない気もしますが、仕方ありません(ノ_・。)
そして粗大ゴミの処分には、基本的に処分できるまでにある程度の日数が必要になります。自治体や回収業者などに依頼をして、即日に回収してくれるというものではありません。
ですから粗大ゴミの処分には、引っ越し日やマンションの明け渡し日に間に合うように余裕をもって行動しておきたいところです。

 

引っ越し一括見積りサイトのメリットとデメリットについては、こちらの記事をご参考ください。

引っ越し一括見積もりサイトのメリットデメリット!電話が迷惑?
引っ越しをするときに、どこの引っ越し業者に依頼をするか迷います。 費用面をとるか、安心面をとるか人それぞれ考え方は違うと思います。引っ越し業者の選び方として、できるだけ費用を安くおさえるために、複数の引っ越し業者に見積もりを依頼して比較す...