電車通勤のデメリットとは?

統計

職場や学校までの通勤や通学手段は、非常に重要です。

自宅から近く、徒歩や自転車などで通えれば一番良いのですが、そのような人はごくわずかです。

大抵の人は自動車や電車を利用しているはずです。自動車も電車も通勤に利用すると、良いことばかりではありません。

自動車通勤のデメリットとは?
仕事や学校に行くための通勤手段・通学手段には、自動車、バイク、バス、電車、徒歩、自転車など様々あります。 どの交通手段になるかは、自宅や職場または学校の場所によって決まりますが、引越しや転職をする場合には通勤通学の交通手段も考えておき...

今回は、電車通勤のデメリットを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

電車通勤のデメリット

電車通勤中の人の写真

電車通勤のデメリットを見ていきましょう。自動車とは違い、一人の空間ではないのでそれだけでストレスを感じる方がいると思います。

満員電車がつらい

電車通勤で通勤時間が長いと、満員電車に出くわす確率は高くなります。そして本当に疲れてしんどいときや朝眠たいときでも満員電車でずっと立っていないといけません。

自動車の場合だともちろん眠ることはできませんが、必ず座れるのでその点では電車通勤のデメリットとなります。

終電を気にしなければならない

電車通勤で通勤時間が長いほど、当然終電は早くなります。

自動車通勤と違い、電車通勤ではお酒を飲んで帰ることができるというメリットがありますが、通勤時間が長ければその分終電に間に合うように早く帰らなければなりません。

痴漢に遭遇する、もしくは痴漢に間違われる確率が高くなる

これも自動車事故と同じような考えになりますが、電車に1回乗るのと電車に100回乗るのとでは後者のほうが確率は高くなります。

その電車に10分乗るのと100分乗るのとではやはり後者のほうが確率は高くなります。そういった意味で、電車の通勤時間が長いほど、痴漢に遭遇もしくは痴漢に間違われる確率が高くなるといえます。

乗り継ぎが面倒

電車通勤であれば乗り継ぎが必要な場合があります。

一本の電車で通勤するよりも、乗り継ぎをした場合のほうが時間も労力も必要となります。

また乗り継ぎをする電車のホームが遠い場合、余計に時間がかかりますし大変です。

駅から遠い場所は不便

電車通勤の場合、駅から近い場所に職場や自宅があれば便利ですが、反対に駅から遠い場合には非常に不便となります。

駅までが徒歩圏内であればまだ良いのですが、バスを利用しなければいけない所になるとバスと電車の乗り継ぎで余計な時間を費やすことになってしまいます。

その点、自動車は駐車場があれば直接職場や自宅に行けるので便利です。

風邪がうつりやすい

電車は密閉された空間に大人数がいる乗り物です。そこに風邪をひいている人がいると、うつりやすくなってしまいます。

とくに特急などの長時間扉が開閉しない場合、電車内の換気ができないため注意が必要です。

電車通勤にはメリットもいっぱい!

電車通勤のデメリットを書いてきましたが、メリットもたくさんあります。

下記に電車通勤のメリットをまとめました。

・座れれば寝れる
・スマホをいじれる
・正確な時刻に到着できる
・人間観察ができる
・事故に逢いにくい
・飲み会に行きやすい

まとめ

電車通勤は狭い箱の中に大勢の人がいるため、それがしんどく感じることがあるかもしれません。

職場や自宅が駅から近ければ楽に感じますが、遠ければデメリットのほうが多くなりそうです。

通勤時間が短い場合や長い場合のメリットは?
家を探す条件のひとつとして、家から職場までの距離、つまり通勤時間がどのくらいかかるかは気になるところです。 通勤時間が長すぎても、短かすぎてもストレスがたまることがあります。また、通勤手段が車か電車によっても大きく変わります。