通勤時間の長さによるメリットは?車通勤と電車通勤のデメリットは?

統計

家を探す条件のひとつとして、家から職場までの距離、つまり通勤時間がどのくらいかかるかも気になるところです。

通勤時間が長すぎても、短かすぎてもストレスがたまりそうです。また、通勤手段が車か電車によっても大きく変わります。

今回は、通勤時間のメリットや通勤手段のデメリットなどについて書いていきます。ちなみに私は車通勤で片道一時間半かかっています。

早く新築に引っ越したい(T_T)

スポンサーリンク

通勤時間が短い(自宅と職場が近い)場合のメリット

通勤風景の写真

通勤時間が短い、つまり自宅と職場が近い場合どのようなメリットがあるのかを書いています。

有効に使える時間が増える

通勤時間が短ければ短いほど、有効に使える時間が増えます。朝ゆっくり起きることもできますし、反対に夜遅く寝ても大丈夫です。当然早く自宅に帰れます。

時間さえあればなんでも有効に使えます。時間はお金で買えませんし、本当に貴重ですからね(^-^)

ストレスが溜まりにくい

朝の通勤ラッシュや夕方の帰宅ラッシュで満員電車や車の渋滞にまきこまれると結構ストレスがたまります。その時間が長ければ長いほどつらいものです。通勤時間が長いとそのぶん朝早く起きないといけないので夜も早く寝ないといけなくなります。

それもストレスです。

そういったことが減るだけでも、ストレスは溜まりにくくなるといえます。

遅刻をしにくい

通勤時間が短ければそのぶん、朝ゆっくり起きれます。
また電車やバス、車などで通勤するときには、通勤時間が長いほど遅延や渋滞にまきこまれる可能性は高くなるので、通勤時間が短ければそのリスクも減少します。

急用や家族になにかあったときにすぐに自宅に帰れる

通勤時間が短く自宅と職場が近ければ、急用や家族になにかあったときでもすぐに自宅に帰ることができます。
家族になにかあったときにはすぐにでも帰りたいところです。そんなときにすぐに自宅に帰れないのはつらいものです。
また自宅と職場が近ければ忘れ物をしたときには、昼休みに取りに帰ることだってできます。

通勤時間が長い(自宅と職場が遠い)場合のメリット

通勤時間が長い、つまり自宅と職場が遠い場合どのようなメリットがあるのかを書いています。

仕事とプライベートを分けやすい

通勤時間が短く職場から自宅が近ければ、職場の同僚や上司が自宅に寄っていく可能性が高くなります。

職場から自宅が遠ければ、わざわざ遠回りをして自宅に寄ることも少ないでしょうし。また職場が近ければ、休日にも職場の会社を目にしなければならなかったり、近所のスーパーに行っても職場の人と会ってしまうといったことになる可能性が高いといえます。

そういった意味では通勤時間が長い(自宅と職場が遠い)ほうがプライベートと仕事を分けやすいといえます。

音楽やラジオをいっぱい聴けて曲に詳しくなる

通勤時間が長ければ、その間音楽やラジオをずっと聴けます。普段自宅であまり音楽やラジオを聴かない人でも、通勤時には聴く人も多いと思います。

通勤時に音楽やラジオをずっと聴いていれば、曲に詳しくなりますしカラオケのレパートリーが増えます。

カロリーを消費しやすい

通勤時間が長ければ、そのぶんカロリーを消費しています。車であれば運転中は常にまわりを見ていないといけませんので無意識に集中しています。

集中しているとカロリーは消費しやすいです。電車であれば、電車の中で立って揺られているときや駅の階段を上り下りするときなど、カロリーを消費する機会が多くあります。

職場でその日行うことを考えやすく、また振り返りもしやすい

通勤時間が長ければ、その間に職場での予定や会議で喋ることなどなんでも通勤しているときに考えておくことができます。

また帰りにはその日職場であったことを振り返ってまとめておくこともできます。自宅にいるときに職場のことを考えたくないという人にはメリットといえます。

同情をされやすい

通勤時間が長いというだけで、同情をされやすくなります。

「家が遠いから早く帰っていいですよ」

「早く起きないといけないから大変ですね」

「そんな遠いところから頑張って偉いですね」

など職場でも気にかけてくれる可能性が高くなります。

 

車通勤や電車通勤で通勤時間が長い場合のそれぞれのデメリットは、次のページへ