家の寿命は30年?メンテナンス費用は1000万円?

とある営業マンによると、一般的な住宅の寿命は30年程度で建て替えやリフォームが必要になってくる可能性がありますと。(実際、取り壊す住宅の平均が築30年ともいわれています。)
その30年後に必要な額を毎月で換算するとだいたい3万円程度をメンテナンス用に貯蓄しないといけないとの事です。

つまり住宅を買うとローン返済+メンテナンス費用として3万の貯蓄があると理想のようです。
30年後の建て替え、リフォームの時にはローンを組めない事が多いでしょうし、言われてみると確かにそれが理想なのかもしれません。

ただ住宅のメンテナンス費用として毎月3万円と考えると、30年間で1080万円もかかることになります。

かなり高額ですね。。。(TДT)

マンションの場合は管理組合がメンテナンスしてくれる箇所が多いためメンテナンス費用はかなり安くなるようです。

この点ではマンションのほうが利点になりますね。

スポンサーリンク




ローコスト住宅は初期費用を抑えて注文住宅を建てる事ができるので、とても魅力的です。

しかし、10年、20年、30年後には確実に家は傷みメンテナンス費用がかかってきます。

ローコストである以上、構造や素材は耐久が弱いものが多く、やはり金額の高いしっかりした住宅に比べれば老朽化も早くなります。
ローコスト住宅のデメリットはまさにそこにあります。

となると初期費用は高いですが、大手ハウスメーカーの耐久が強い住宅を買うほうがいいいかもしれません。

大手ハウスメーカーでは耐久を売りにしているところもたくさんあります。40年、50年以上先でも建て替え、リフォームは必要ありませんとか。
ローコスト住宅を買って確実に30年後に建て替え、またはリフォームで数百万以上をかけるのか、大手ハウスメーカーの高い住宅を買ってそのまま一生暮らしていくか。
私の場合は自己資金があまりなかったので、始めから大手ハウスメーカーなどには見学や相談に行っていませんでした。

今となって、今後の建て替えやリフォームなどのメンテナンス費用の事を考えると、寿命の長い家を選んだほうがよかったのかなとも思います。

ですからみなさんも、お金がない場合でも大手ハウスメーカーにも何度か見学や相談には行くことをオススメ致します。

住宅展示場、完成見学会に行ってハウスメーカーを決めよう!の記事はこちら

今回は住宅展示場、オープンハウス、完成見学会の違いをまとめますので、 工務店、ハウスメーカーを決めるきっかけになればと思います。

住宅のメンテナンスについては、住宅産業協議会のホームページに詳しく掲載されていますのでそちらも是非。

有名なハウスメーカーや住宅設備会社などの住宅関連の企業が入会している協議会です。
とても勉強になりますφ(.. )

住宅のメンテナンス費用って想像していた以上にかかるんですね。。。

スポンサーリンク




ランキングに参加しております。

ぽちっと応援のほうよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする