元利均等返済・元金均等返済のメリット、デメリットと比較!お得なのは?

家を購入するときに住宅ローンを申し込む方も多いですが、その返済方法によって数十万円も返済額が変わる場合もありますので注意が必要です。

目次

住宅ローンの返済方法
元利均等返済
元金均等返済
元利均等返済・元金均等返済のシュミレーション比較
まとめ

スポンサーリンク




住宅ローンの返済方法

ローンの返済額は元金と利息を合わせた額になります。元金とは、実際に借り入れた金額のことです。

住宅ローンの返済方法には、二種類の方法があります。

元利均等返済

毎月の返済額が一定になりますが、利息と元金の割合は変動します。
返済額は当初は利息部分の返済が多いですが、返済していくうちに元金部分の返済が多くなってきます。

メリット
毎月の返済額がずっと一定なので、将来の資金計画を立てやすくなります。
元金均等返済に比べると、返済当初の月の返済額は少なくなります

デメリット
元金均等返済に比べると、総返済額は多くなります。

元金均等返済

毎月の返済額は違い、返済当初の返済額は多くなりますが徐々に減少していきます。
元金部分の返済は一定で、利息部分を上乗せして返済していきます。

メリット
元利均等返済に比べると、総返済額は少なくなります
毎月の返済額は徐々に減少していきますので、将来的には楽になります。

デメリット
元利均等返済に比べると、返済当初の月の返済額は多くなります。

元利均等返済・元金均等返済のシュミレーション比較

借入額3000万円、固定金利、金利1.0%、返済期間35年、ボーナス返済なしの場合

当初の月の返済額
<元利均等返済>
84,685円

<元金均等返済>
96,428円

差額11,743円、元金均等返済のほうが高くなります。

総返済額
<元利均等返済>
35,567,804円

<元金均等返済>
35,262,332円

差額
305,472円、元利均等返済のほうが高くなります。

借入額3000万円、変動金利、金利0.7%、返済期間35年、ボーナス返済なしの場合

当初の月の返済額
<元利均等返済>
80,556円

<元金均等返済>
88,928円

差額8,372円、元金均等返済のほうが高くなります。

総返済額
<元利均等返済>
33,833,403円

<元金均等返済>
33,683,610円

差額
149,793円、元利均等返済のほうが高くなります。

まとめ

元利均等返済と元金均等返済を比較してみて・・・

総返済額の面からみると、元金均等返済のほうが絶対にお得です。
ただ返済当初は元金均等返済のほうが月の返済額が高くなるので、返済当初の月の返済額で資金計画をたてる必要があります。

その資金計画で無理がなければ元金均等返済のほうがお得になるので良いと思います。

元利均等返済は総返済額の面からみると劣りますが、返済当初の月の返済額が元金均等返済より少なくすむうえに、ずっと毎月の返済額が一定なので当初から無理なく資金をやりくりできます。

スポンサーリンク




□■□■□■□■□□■□■□■□■□

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加中ですヾ(´ω`=´ω`)ノ
ぽちっと応援よろしくお願いいたします。にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村
ローン・住宅ローンランキングへ