転職後すぐに住宅ローン・フラット35の審査!勤続年数1年未満では落ちる?

住宅ローンは、住宅を購入する際には欠かせないものです。

大半の人が住宅ローンを利用して、住宅を購入しているはずです。
ただ住宅ローンには審査があり、全ての人が利用できるわけではありません。
今回は、転職後すぐに住宅ローンの審査を受ける場合についてを書いていきます。

スポンサーリンク

転職後すぐに住宅ローンの審査

結論から言いますと、転職後すぐに住宅ローンの審査を受けるとなると落ちる可能性が高いと思います。

お金を貸す側も、お金を返してくれる見込みのない人には当然貸しません。

となると、借りる側の信用性が重要になってきます。

仕事を転々とされていたり、転職後すぐであれば、その信用性にも関わってきます。

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準は、こちらの記事にも書いていますのでよろしければご参考ください。
今回は住宅ローンのフラット35について、書いていきます。
住宅ローンの審査基準にはいくつかあります。

住宅ローンの審査基準の項目の中のひとつに、勤続年数があります。

勤続年数とは、現在勤めている職場での在籍年数です。

当然、勤続年数は長いほうが信用性は高くなります。

ハウスメーカーの営業さんから聞いた話ですが、住宅ローンの審査に通るには勤続年数が最低1年以上は必要で、3年以上であることが理想とのことです。

ですから、転職後1年未満では住宅ローンの審査には落ちる可能性が高くなります。

ただ、転職後すぐでも住宅ローンの審査に通る方法もあります。




転職後すぐに住宅ローン・フラット35の審査に通るには

審査基準でいえば、住宅ローンの中でもフラット35は一般的に審査が甘く通りやすくなっています。

実は、私は転職直後(1ヶ月以内)にハウスメーカーを訪れていました。
自己資金も少ない我が家では、当然住宅を購入するには住宅ローンの利用が必要でした。

しかし、転職直後では住宅ローンの審査には通るはずがありません。

そんな時に知ったのがフラット35です。
フラット35では審査基準が甘いということです。

ただ転職後1ヶ月ではフラット35でも審査に通るのが難しいとハウスメーカーの営業さんから言われました。

審査を受けるには、最低3ヶ月分の給与明細が必要とのことでした。

ですから、私がフラット35の申し込みをしたのは転職をしてから3ヶ月後になります。

私の場合過去2年分の源泉徴収表の提出も必要でした。

しかし、フラット35にしたおかげか無事審査に通ることができました。

次のページへ続く

(転職後すぐに住宅ローン・フラット35の審査に通るための注意点、希望融資額を断られた理由の統計など)