防音対策には遮音や吸音が必要!防音・遮音・吸音の違いとは?

賃貸マンションを借りるときや住宅を購入するときに気になるのが、住んでからの騒音トラブルです。

やはり騒音トラブルはできるだけ避けたいものです。
賃貸マンションを探しているときや、住宅を購入するときなど「防音」、「遮音」、「吸音」という3つの言葉を見聞きする機会が増えてきます。

私は今までそれぞれの意味をあまり深く考えたことがありませんでした。

スポンサーリンク




防音・遮音・吸音の違い

防音とは

「防音」とは、外の音が室内に入ったり、室内の音が外に漏れたりするのを防ぐことを意味します。

出典元:防音対策の基礎知識!防音、遮音、吸音の違いとは|スガナミ楽器

防音は、音を防ぐこと自体を意味しています。

遮音とは

「遮音」とは、防音をする方法のひとつであり、具体的には空気中で伝わってくる音を遮断して、外へ音が透過しないようにする方法を指す言葉です。

出典元:防音対策の基礎知識!防音、遮音、吸音の違いとは|スガナミ楽器

遮音は、音を防ぐために行う方法を意味しています。

吸音とは

「吸音」も遮音と同じく防音をするための方法です。音を吸収することで音の反射を防ぎ、音が室外に透過することを防いだり、音を発している室内における音の反響を抑える方法を指す言葉です。

出典元:防音対策の基礎知識!防音、遮音、吸音の違いとは|スガナミ楽器

吸音も、音を防ぐために行う方法を意味しています。

同じような意味にもみえますが防音・遮音・吸音の違いは、

防音は、音を防ぐこと
遮音と吸音は、防音を行うための方法
となります。
つまり防音をするには、なんらかの遮音や吸音を行わなければなりません。

私の解釈では、

遮音性の高い部屋は近隣からの騒音を遮断してくれますが、反対に部屋の中では音が反射するため楽器などを弾くのには向いていない

吸音性の高い部屋は中で楽器などを弾いても音の反射が小さくなりますが、反対に近隣からの騒音を遮断しにくい
(ただ隣や上階も吸音性が高い部屋であれば、こちらの部屋に届く音も小さくなるかもしれません。)

と考えています。

遮音と吸音の両方の効果がある防音が一番音を防いでくれそうです。
使い方によったら、遮音と吸音のどちらか一方だけの防音ではあまり効果を発揮しない可能性があります。

遮音材や吸音材は、それぞれの遮音、吸音を意味していますが、
防音材は遮音材と吸音材の2つの効果がある、もしくはどちらかの効果があると考えていいと思います。

ですから遮音カーテンの場合、遮音性はありますが吸音性はないと考えていいと思います。

鉄筋コンクリートは遮音性は高いですが吸音性は低いと思います。
コンクリート打ちっぱなしの部屋などでは声が異常に響きますので。

まとめ

防音対策をするには、遮音や吸音を行う必要があります。

遮音は音の遮断、吸音は音の反響を小さくする効果があります。

遮音や吸音のそれぞれの効果をいかして、防音対策を行っていきたいところです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

壁が薄いとの噂があるレオパレス21については、こちらの記事をご参考ください。

賃貸住宅を探しているときにも、よく見かけることのあるレオパレス21。 テレビのCMでもよく見かけます。 レオパレス21の評判は実際ど...

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。

ぽちっと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする