空き家増加対策の特定空家等とは?

住宅街を歩いていると、まれに誰も住んでいないと思われるような家(空き家)を目にします。

頻繁には目にしないのですが、全国の空き家数は年々増加してきているようです。

今回は、全国の空き家数とその影響や対策についてを書いていきます。

「平成25年住宅・土地統計調査結果」(総務省統計局)によれば、

全国の空き家数は820万戸で、空き家率は13.5%となっています。

5年前に比べて空き家数は63万戸、空き家率は0.4%増えています。
このように空き家数は年々増えてきており、深刻な問題となってきています。

空き家が増えることによる影響

空き家の倒壊による危険

空き家を長い間放置していると、当然老朽化で家はボロボロになってきます。
メンテナンスをする人もいないので、そのボロボロになった家は近隣をまきこんでいずれ倒壊する危険があります。

また強風が吹いたときには木材やガラス片などが周囲に飛び散る危険もあります。

空き家があることで治安が悪くなる

空き家があると不法侵入をされたり、たまり場として使われ、騒音を出される可能性があります。
また不法投棄や落書き、放火などといった犯罪にもつながる可能性があります。

街の景観が悪くなる

街に老朽化した空き家があると、景観を損なうおそれがあります。

庭の草木が生い茂っていたり、ヒビの入った塀、崩れかけた家があると不気味でもあります。

衛生上悪くなる

長い間放置されている空き家には、虫や動物などが住みかとして使う可能性があります。

また不法投棄で溜まったゴミと合わさり、悪臭が出たり菌が増殖するといったことまで起こる可能性もあります。

空き家増加対策の為に施行された空き家法とは

空き家法とは、平成27年5月に施行されました「空家等対策の推進に関する特別措置法」のことになります。

空き家法に基づいて、各地方自治体でも空き家の対策を進めています。

この空き家法には様々なことが定められていますが、特に注意したいのが

(1)「特定空家等」と認められる空家等に対して法の規定を適用した場合の効果等
・固定資産税等の住宅用地特例に関する措置
出典元:「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)【概要】|国土交通省

です。

特定空家等とは、

「特定空家等」とは、
 ① 倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
 ② 著しく衛生上有害となるおそれのある状態
 ③ 適切な管理が行われないことにより著しく景観を損なっている状態
 ④ その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態
 にある空家等をいう。(2 条2 項)
出典元:空家等対策の推進に関する特別措置法関連情報|国土交通省

この特定空家等に認定され、指導に従わずにそのまま空き家を放置し続けていると勧告を受け、固定資産税や都市計画税の減額措置が適用されなくなります。

具体的には、固定資産税では最大1/6、都市計画税では最大1/3の減額措置が適用されなくなります。
つまり、税額が大幅にあがってしまいます。

また勧告を受けてもなお改善しない場合には、命令を受けることになります。
命令を受けても改善しない場合には、最大で50万円の罰金をとられる可能性があります。

固定資産税については、こちらの記事をご参考ください。
家を買えば様々な税金が発生してきます。 その税金には登録免許税、不動産取得税、印紙税、固定資産税、都市計画税などが...

都市計画税については、こちらの記事をご参考ください。

家を買えば様々な税金がかかってきますが、今回は都市計画税についてを書いていきます。 固定資産税は聞いたことがあっても、都市計画税は...

空き家をつくらない為の対策

家を解体する

家に住む予定がなくなり、その家の老朽化が進んでいる場合には、解体をしておくことで土地として利用できます。

老朽化した家をそのままにしていても、倒壊の危険がありますし、また買い手は少なくなることが予想されます。

家を売却する

家に住む予定がなくなった際には、不動産屋に依頼して家を売却するのもひとつの方法です。

家を相続する

家に住む予定がなくなる前に、あらかじめ誰に家を相続するのかをしっかりと決めておきたいところです。

相続人が取得した空き家は、譲渡所得から3,000万円の特別控除が適用される場合があります。

家を賃貸にする

家に住む予定がなくなった際には、不動産屋に依頼して家を賃貸住宅として貸し主になるのもひとつの方法です。

空き家になるはずだった家で、賃貸収入が得られるのでお得かもしれません。

スポンサーリンク




まとめ

全国の空き家数は、年々増加しています。

空き家増加の対策として、平成27年に「空き家法」が施行されています。

空き家をそのまま放置していると様々な悪影響があり、近所迷惑になるだけでなく、固定資産税や都市計画税といった税額も倍増してしまいます。

家に住む予定がなくなった際には、解体・売却・相続・賃貸などのいずれかの方法を行い、家が放置されないように注意しておきたいところです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。ぽちっと応援よろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ