分譲賃貸マンションのメリットとデメリット

賃貸物件探しをしていると、たまに『分譲賃貸』という言葉を見かけます。

分譲賃貸マンションは賃貸マンションに比べると、一般的に住宅設備などが良く、住みやすく、家賃が高い傾向があります。

スポンサーリンク

分譲賃貸とは

分譲賃貸とは、分譲マンションの物件を賃貸物件として貸し出していることをいいます。

分譲マンションとは、一棟のマンションを部屋ごとに分けて販売されているマンションです。ですから各部屋ごとに所有者が異なることになります。

なぜ販売されている分譲マンションの物件が賃貸されているのか?

分譲マンションの物件が賃貸されるようになるのは、大きくわけて2つの理由があります。

投資

分譲マンションの部屋の所有者が投資目的で部屋を購入しており、賃貸に出しているケース。

転勤

分譲マンションの部屋の所有者が、転勤などを理由に一時的に部屋を賃貸に出しているケース。
リロケーション物件とも呼ばれています。

分譲賃貸マンションのメリット

分譲賃貸マンションは、一般的な賃貸マンションに比べると建物の構造がしっかりしていて耐震性や防音性が良い場合が多いです。

とくにファミリーで賃貸マンションに住む場合には、隣人や上下階の騒音でトラブルが起こりかねないので防音性は重要です。

そして部屋の住宅設備やマンションの共用スペースの設備などのグレードも高く、住みやすい環境であることが多いです。

また管理人が常駐しており、セキュリティ設備もしっかりしています。

ただ全ての分譲賃貸マンションがこれらのメリットがあるとは限らず、それぞれの分譲賃貸マンションにもよるところがあります。

分譲マンションの物件は購入すれば何千万円の費用がかかるのでなかなか簡単には入居できません。

しかしこの高い費用の分譲マンションの物件を、期間限定で賃貸できれば安い費用で分譲マンションに入居できることになりますので、これもメリットといえます。




分譲賃貸マンションのデメリット

分譲賃貸マンションは、一般的な賃貸マンションに比べると建物がしっかりしており住宅設備などのグレードも高いため、家賃が高く設定されていることが多いです。

また分譲賃貸マンションは、リロケーション物件のような所有者が期間限定で部屋を貸し出している場合、当然入居期間も限定されてしまいます。

そして、分譲賃貸マンションは家賃相場が高いため、とくに学生の一人暮らしには向いておりません

賃貸物件探しのおすすめアプリ(サイト)

賃貸物件探しをするなら、仲介手数料が半額(50%)になる

イエッティ(ietty) というアプリ(サイト)がおすすめです。

イエッティ(ietty)はチャット接客型の不動産屋さんです。

実店舗でなくチャットで接客をするため、コストをおさえて仲介手数料を半額にできるようです。

イエッティ(ietty)の利用は無料で、利用者数も数十万人を突破しており、安心できるアプリ(サイト)です。

イエッティ(ietty)の詳細やメリットデメリットについてはこちらの記事をご参考ください。

部屋探しで賃貸物件を見つけて契約に至るまでには、基本的には街の不動産屋さんに行かなければなりません。

壁の厚い部屋、壁の薄い部屋の見分け方はこちらの記事をご参考ください。

家を買うときや賃貸で部屋を借りるときに、不安なことはいくつかあります。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ