冷蔵庫の理想の大きさ(容量)の目安は?

新築の家に引っ越しをするとき、そのタイミングで冷蔵庫を買い換える方も多いと思います。

冷蔵庫を選ぶには、性能、値段、電気代、カラー、扉のタイプ、大きさ(容量)など、様々なことから最も自分たちに適している冷蔵庫を探し出していきます。

その中でも今回は、冷蔵庫の大きさ(容量)の選び方についてを書いていきます。

冷蔵庫の大きさ(容量)の選び方

冷蔵庫は、一人暮らし用の小さいものから大家族用の大きいものまで様々あります。

新築の家で一人暮らし用の小さい冷蔵庫では、少し物足りなさを感じてしまいそうですし、反対に一人暮らしのマンションで大きい冷蔵庫は必要ありません。

冷蔵庫は値段がとても高いので、大きい冷蔵庫を軽はずみには買うことができません。

冷蔵庫が小さすぎても物足りなさを感じてしまいますし、大きすぎても無駄になってしまう可能性もあります。

冷蔵庫の理想の大きさ(容量)はどのくらいなのでしょう。

私も冷蔵庫を購入するときに、調べたことがあります。

冷蔵庫の大きさ(容量)は、~L(リットル)というように表されます。

家電量販店やネットショップなど、どこで見ても必ず冷蔵庫の容量は見えやすいところに掲載されています。

冷蔵庫を購入する前に、まず家電量販店などで実際に冷蔵庫の容量を確かめに行って、「これくらいなら十分」「これでは足りないかも」などと、大きさの感覚をある程度つかんでおくのもいいかもしれません。

そして冷蔵庫の理想の大きさ(容量)を選ぶときに参考にしたいのが、容量目安計算式です。

スポンサーリンク




冷蔵庫の容量目安計算式

70L×家族の人数+常備品分(100L)+予備(70L)

家族の人数が2人であれば、
70L×2+常備品分(100L)+予備(70L)=310L

家族の人数が4人であれば、
70L×4+常備品分(100L)+予備(70L)=450L

というように、冷蔵庫の大きさ(容量)の目安を簡単に求めることができます。

まとめ

冷蔵庫は家電製品の中でも、特に値段が高いものです。

冷蔵庫を選ぶには、大きさ(容量)がどのくらいなのかが重要となります。

冷蔵庫の理想の大きさ(容量)の目安は、冷蔵庫の容量目安計算式を使うことで目安の数値を簡単に求めることができます。

ただこの容量目安計算式はあくまでも目安なので参考にはしつつも、やはり家電量販店などで実際に冷蔵庫を見て触って大きさ(容量)の感覚をつかみたいところです。

□■□■□■□■□□■□■□■□■□

パナソニックの住宅設備については、こちらの記事をご参考ください。

パナソニックのショールームではシステムキッチン、洗面ドレッサー、浴室、照明、外壁材、屋根材を見に行きました。我が家で実際に選んだパナ...

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。

よろしければぽちっとお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

にほんブログ村

ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする