アルミ製メッシュフェンスのメリットとデメリット

外構

一軒家に住めば、外構をつくらなければなりません。

外構にはフェンス、玄関アプローチ、庭などがありますが、そのなかでも今回はフェンスについてを書いていきます。

フェンスにも様々な種類があります。

 

外構で植栽の費用を安くおさえるには?こちらの記事に書いていますのでご参考ください。

外構で植栽の費用を安くおさえるには?
家の外構で、庭や門前などに樹木や草花の植物を植えたいと考えている方も多いと思います。 樹木や草花が植えられているだけで、家の外観のイメージも変わります。
スポンサーリンク

フェンスの種類

フェンスにはたくさんの種類があります。

  • アルミ
  • スチール
  • 人工木
  • 竹垣
  • ブロック
  • コンクリート
  • レンガ

などです。

我が家では、アルミ製のフェンスにしています。

フェンスのメーカーはたくさんありますが、なかでも有名なメーカーにLIXIL(リクシル)やYKKAP(ワイケーケー)などがあげられます。

 

フェンスの形状

次にフェンスの形状です。

このフェンスの形状によっても目隠しや防犯、通気性などの機能面は大きく変わってきます。

フェンスの形状には、

  • 格子
  • メッシュ
  • ルーバー
  • パネル

などがあります。

我が家では、メッシュのフェンスにしています。

アルミ製メッシュフェンスのメリットとデメリット

アルミ製メッシュフェンスのメリットとデメリットには、どんなことがあるのでしょう。

アルミ製メッシュフェンスのメリットには、

  • 錆びにくい
  • 耐久性がある
  • デザインが豊富
  • 値段が安い
  • 通気性が良い

アルミ製メッシュフェンスのデメリットには、

  • 頑丈ではない
  • 温度が高くなる
  • 目隠しにならない

などがあります。

 

アルミ製メッシュフェンスのメリット

アルミ製フェンスは錆びにくい

アルミ製のフェンスはスチール製のフェンスなどに比べると、錆びにくいです。

もしフェンスの柱が錆びてしまえば、折れて倒れてしまうこともあります。

 

アルミ製フェンスは耐久性がある

アルミ製のフェンスはフェンスの種類のなかでは、耐久性があるほうです。

 

アルミ製フェンスはデザインが豊富

スチール製のフェンスなどに比べると、アルミ製はデザインが豊富です。

 

アルミ製メッシュフェンスは値段が安い

アルミ製はデザインが豊富なので値段は安いものから高いものまで、幅広くあります。

そのなかでメッシュフェンスは他の形状に比べると、とても値段が安いです。

 

メッシュフェンスは通気性が良い

メッシュフェンスは他の形状に比べると、通気性が良いです。通気性が良いので強風が吹いてもフェンスが倒れるなどの風の影響を受けにくいといえます。

ただ、風を全て通すので防風対策にはなりません。

 

アルミ製メッシュフェンスのデメリット

アルミ製フェンスは頑丈ではない

アルミ製のフェンスはスチール製のフェンスなどに比べると、頑丈ではありません。

 

アルミ製フェンスは温度が高くなる

アルミ製のフェンスは木製のフェンスなどに比べると、夏場などではフェンスの温度が高くなります。

そのため、フェンスに手をかけるときなどには注意が必要です。

 

メッシュフェンスは目隠しにならない

メッシュフェンスは他の形状に比べると、目隠しという面では非常に劣ります。メッシュフェンスにしてどうしても周囲の目線が気になる場合には、植栽や枕木などで補うことはできます。



実際にアルミ製メッシュフェンスにして後悔していること

我が家では、道路や隣との境界のフェンスをアルミ製メッシュフェンスにしました。

なぜアルミ製メッシュフェンスにしたかといいますと、やはり値段が安いからです。施工面積にもよりますが目隠しフェンスと比べると、値段が数万円~数十万円も安くなります。

値段が安いからアルミ製メッシュフェンスにしたのですが、今となってはアルミ製メッシュフェンスにして後悔しています。

後悔している理由は、メッシュフェンスでは隣や道路からの目隠しには全くならないということです。

家に住むまでは、「目隠しフェンスにしなくても大丈夫でしょ」

という感じに考えていましたが、いざ住んでみるとメッシュフェンスではあまりにオープンなので周囲の目線が気になって仕方ないです( ノД`)…

せめて前面道路側だけでも目隠しフェンスにしておけば良かった(T_T)

フェンスに後付けの目隠しの板や枕木などを購入すれば、結局高額になってしまうので。。。

お金に余裕があれば後悔しないためにも、はじめから目隠しフェンスにしておくことをおすすめします。

 

外構工事の打ち合わせの流れと注意点については、こちらの記事をご参考ください。

外構工事の打ち合わせの流れと注意点!
注文住宅を建てる場合、庭や塀、玄関アプローチ、駐車場などの外構工事も依頼しなければなりません。 外構も住宅と同様に、費用次第にはなりますがある程度自由に考えていくことができます。 外構で手を抜いてしまうと、せっかくこだわって...

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。よろしければぽちっとお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ