ロールカーテンの3つのメリットと3つのデメリット

住宅を購入すると、家具や家電などたくさんの物を揃えなければなりません。

カーテンもそのひとつです。

カーテンにも様々な種類がありますが、今回はロールカーテンについてのことを書いていきたいと思います。

ロールカーテンとは

ロールカーテンは、ロールブラインドやロールスクリーンとも呼ばれています。

一枚布の幕を窓などの上部に取り付けた棒から吊るして日よけや目隠しとし、使わないときは棒を回転させて巻き上げるブラインド。室内の間仕切りなどにも用いる。◇「ロールスクリーン」「ロールカーテン」などともいう

出典元:ロールブラインド|コトバンク

ロールカーテンのメリットとデメリット

ロールカーテンのメリット

細長い窓に合わせやすい

ロールカーテンは、縦すべり窓のような細長い窓に合わせやすくなります。

細長い窓に一般的な普通のカーテンをつけることもできますが、個人的にはロールカーテンのほうがしっくりくるような印象です。

採光の量を調節しやすい

ロールカーテンであれば、下から上に向かって布を巻き上げていき止めたい高さで止めることができるので、採光の量を調節しやすくなります。

おしゃれになる

ロールカーテンは一般的な普通のカーテンと違いヒダ山やプリーツなどがないので、フラットなカーテンになります。

フラットなカーテンなので部屋のクロス(壁紙)とうまく組み合わせることで、おしゃれに見せやすくなります。

スポンサーリンク




ロールカーテンのデメリット

外からの視線が気になる

一般的な普通のカーテンであれば、採光や風を取り入れるためにドレープカーテンを開けてレースカーテンを閉じていれば、外からの視線は気になりません。

しかしロールカーテンであれば、採光や風を取り入れるためにロールカーテンを巻き上げると外からの視線を遮るものがなくなってしまいます。

我が家でもロールカーテンを取り付けてる場所がいくつかあるのですが、その場所によっては採光や風を取り入れるためにロールカーテンを完全に上まで巻き上げたいときでも外からの視線を気にしてしまいロールカーテンを開けずにいることがあります。

ロールカーテンの後ろに突っ張り棒でレースカーテンを取り付けようか考えましたが、見た目的に微妙な感じになりそうなので結局していません。

風が吹くとバーが壁に当たってうるさい

ロールカーテンは下部に固い棒がついています。その棒はボトムバーやエンドバーと呼ばれています。

このボトムバーがそこそこの強い風が吹くたびに壁に当たって「ゴトッ!、ゴトッ!」と結構うるさいです。

少しくらいの風ならボトムバーが壁に当たる音はしないのですが、「いい風が入って涼しいな」と思ったときにはだいたい「ゴトッ!、ゴトッ!」と壁に当たっています。

対処としてはロールカーテンを上まで巻き上げたら済むのですが、ただロールカーテンを上まで巻き上げたら外からの視線が気になる場合があります。

我が家でもボトムバーが壁に当たる音がうるさいので、壁にクッション材のようなものを取り付けようか検討したことがあります。

大きな窓では使い勝手が悪い

ロールカーテンを大きな窓(引違い窓など)に取り付けると使い勝手が悪くなる場合があります。

窓の種類については、こちらの記事をご参考ください。

今回はYKK(ワイケーケー)の住宅設備についてです。我が家では玄関ドア、窓のメーカーをYKKに決めました。

よく出入りをする窓にロールカーテンがあると、出入りをするたびにロールカーテンを上まで巻き上げなければなりません。

一般的な普通のカーテンであれば、カーテンを開けずによけるだけで出入りできます。

ですから大きな窓でよく出入りをする窓では、ロールカーテンを取り付けると少々面倒で使い勝手が悪くなる場合があります。

まとめ

窓に取り付けるカーテンをロールカーテンにすると、様々なメリットとデメリットがあります。

ロールカーテンのメリットは、

細長い窓に合わせやすい

採光の量を調節しやすい

おしゃれになる

などがあげられます。

反対にロールカーテンのデメリットとしては、

外からの視線が気になる

風が吹くとバーが壁に当たってうるさい

大きな窓では使い勝手が悪い

などがあげられます。

ロールカーテンは細長い窓にはおしゃれで使いやすいかもしれません。

ただ生活をするうえでの使い勝手の良さでは、個人的には一般的な普通のカーテンのほうが良いと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

にほんブログ村と人気ブログランキングの、ランキングに参加しております。

よろしければぽちっとお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


ローン・住宅ローンランキングへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする