倒壊の危険があるブロック塀は?

地震や暴風などの災害によって、家の外構でつくったブロック塀が倒壊してしまうことがあります。

家の倒壊だけでなく、ブロック塀の倒壊も大事故に繋がりかねないため、日頃からの点検は重要です。

万が一が起こる前に、対策はしっかりとしておきたいところです。

とくにブロック塀が下記に当てはまる場合には、安全のために建築士や施工業者などに相談しておいたほうが良いです。

ブロック塀の点検ポイント~危険なブロック塀は?~

基礎(根入れ30cm以上)がない。

ブロック塀の基礎の高さは35cm以上、根入れの深さは30cm以上必要とされています。(ブロック塀の高さが1.2m以上の場合)

根入れの深さとは

地盤面から基礎、擁壁などの基礎底までの深さ。

出典元:根入れ深さ|住宅建築専門用語辞典

ぐらつきやひび割れなどがある。

ブロック塀のぐらつきやひび割れだけでなく、ブロック塀の中の鉄筋が剥き出しになっていないかも重要なポイントです。

ブロック塀から錆び汁が出ていれば、鉄筋が酸化している可能性があります。

鉄筋が酸化していれば、ブロック塀が倒壊する原因につながりやすいので注意が必要です。

高さが2.2m(220cm)を超えている。

一般的な建築用コンクリートブロックの高さは19cmなので、ブロックを12個積むと高さが228cmとなってしまうので危険となります。

ですから2.2mまでにおさえるためには、ブロックは11個までしか積めないことになります。

鉄筋(縦横80cm以内)が入っていない。

直径9mm以上の鉄筋を縦横ともに、80cm間隔以内で入れる必要があります。

また縦筋は壁頂部および横筋にかぎ掛けし、横筋は縦筋にかぎ掛けされている必要があります。

スポンサーリンク




次のページへ

SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク

シェアする