おすすめはサンゲツのショールームにクロス(壁紙)選びの前にいくこと!

住宅設備

注文住宅でクロスを決める前に是非行っておいたほうがいいところがあります。

それはショールームです。

クロスはカタログに掲載されている写真や小さいサンプルではイメージがつきにくいので、ショールームで実際に見てまわることをおすすめします。

スポンサーリンク

サンゲツのショールーム

サンゲツはクロス(壁紙)の大手メーカーです。
サンゲツのショールームも他の住宅設備のショールームと同様に予約をして案内人付き添いにするか、予約をせずに自分たちだけで見てまわるかはどちらでも可能です。

私たちの場合はサンゲツのショールームに行こうと思いたったのが急だったので、予約できず、そのまま行くことにしました。

当日受付で予約することも可能です。
ショールーム内には多数のクロスが展示されており、見てまわるだけでも大変です。
一つ一つ全てを見てまわると、さすがに時間がかかりますし効率も悪くなります。

 

カタログを見ながらショールームをまわろう

ショールーム内で展示されているクロスの品番はリザーブ(サンゲツの他のカタログもおそらく同じだと思います。リフォームセレクションは例外で下記に書いています。)のカタログに掲載されている品番と同じなので、私たちはカタログを見ながら(カタログはショールームに何冊も置いてあります)気になったクロスの品番をメモして実際に展示されているクロスを見るという流れで選んでいました。

ただリフォームセレクションはカタログに掲載されている品番と展示品の品番とが違うようで、いくら探しても見つからなかったのですが受付の方に尋ねるとリフォームセレクション用の品番が載った別紙のリストを貸してもらえるので心配ご無用です。

リフォームセレクションやリザーブについては、こちらの記事をご参考ください。

サンゲツのショールームのおすすめなところ

ショールームでクロス選びをするおすすめなところは、やはり大きなクロスを見てまわれるので実際に壁に貼ったときのイメージがわきやすいところです。

見て触れて体験ができるので、見るだけでなく肌触りや固さなどを確認するためにもしっかり触っておくのもいいと思います。

そして気に入ったクロスがあればメモをしておき、受付の方に伝えると最大で20枚までA4ほどの大きさのサンプルをもらって帰ることもできるのもおすすめなところだといえます。

あとは、今回私たちは行わなかったことなのですが、案内人をお願いして説明やアドバイスをしてもらうだけでもクロス選びをする上で非常に参考になると思います。



私たちは、サンゲツのショールームに行くことで(サンプルも20枚もらって帰りました)、クロス選びもはかどりなんとか次の打ち合わせに間に合わすことができました。
サンゲツのホームページで登録をしてカットサンプル請求ホームより、一度に12枚までサンプルを無料で送ってもらうことも可能です。12枚以上ほしい方は再度、請求ホームより請求すれば大丈夫です。
クロス選びも大変でしたが、どうにか妥協せずに自分たちが納得するクロス選びができました。
ハウスメーカーでインテリアコーディネーターさんとの打ち合わせでクロス選びをする前に、ショールームに行っておくことをおすすめします!!