浴室の折り戸の3つのメリットと2つのデメリットは?

間取り

注文住宅で家を建てれば、浴室の扉をどうするか非常に悩みます。

折り戸にするか、開き戸にするか、それとも引き戸にするのか。

それぞれの扉に良い面と悪い面がありますが、今回は浴室の折り戸のメリットとデメリットについて書いていきます。

窓がある浴室のメリットとデメリット!
注文住宅で設計士さんと間取りを考える際に、各部屋の窓の配置や大きさをどうしようかと悩まれる方も多いと思います。
スポンサーリンク

折り戸とは

まず折り戸とは。

折り戸とは、開放時に折り畳めるようになっている戸の総称。戸は丁番で連結されている。

出典元:折り戸|SUUMO

 

折り戸は浴室のほか、クローゼットやトイレなどで使われていることが多いです。

2枚折り戸や3枚折り戸などがあります。

折り戸には、中折れ戸、間仕切り戸、クローゼットドアなどの種類があります。

 

浴室の折り戸のメリット

では、浴室を折り戸にした場合のメリットを挙げていきます。

 

戸の費用が安い

折り戸の一番のメリットは、費用が安いところです。

我が家でも浴室の扉には悩みましたが、結局費用を優先して折り戸にしました。

我が家で扉を選んでいたときには、

  1. 折り戸
  2. 開き戸
  3. 引き戸

の順で費用が安くなっていました。

また、ハウスメーカーによっては浴室の折り戸が標準で、開き戸や引き戸にすると追加費用がかかることがあります。

そのため開き戸や引き戸にすると、数万円も費用が高くなることがあります。

 

スペースをとらない

折り戸の特徴としては、折り畳んで開く扉のため、開き戸に比べてスペースをとらないところです。

開き戸の場合、扉が開くスペースには物を置けないですし、近くに別の扉がある場合には扉同士がぶつかってしまうこともあります。

引き戸の場合には、壁の中に扉を引くスペースが必要になります。

その点折り戸では、近くに物が置いてあっても開くことができますし、扉同士があたることはありません。

 

万が一のときも戸を開きやすい

浴室で身体が急変して倒れてしまう事故は結構あります。

もし身体を洗っているときに意識をなくして倒れ、扉にもたれかかっていたとしても折り戸であれば外から開きやすいです。

開き戸であれば、こういった万が一のときにまともに身体があたってしまうことが多いため、戸を開けにくくなってしまいます。

 

浴室の折り戸のデメリット

続いて、浴室を折り戸にした場合のデメリットを挙げていきます。

 

掃除が大変

浴室を折り戸にした場合、折り畳まれるところやレール部分に埃やカビが出てきたときに掃除をしづらいというデメリットがあります。

その点、開き戸や引き戸であればまだ掃除はしやすいと言えます。

といっても我が家でも浴室を折り戸にしていますが、折り戸にして後悔するほど掃除が大変という印象はありません。

折り戸でもこまめに掃除していれば、埃もカビもそこまで溜まることはないと思います。

 

安っぽく見える

浴室の折り戸は、開き戸や引き戸に比べると少々安っぽく見えてしまいます。

好みもありますが、浴室内のバスタブや壁紙を格好よく揃えていたとしても、入り口の扉が安っぽいと格好よさが半減してしまいます。

浴室テレビのメリットデメリット
子供の頃から浴室にテレビがついている家に憧れがありました。 ホテルなどに泊まりに行っても、浴室にテレビがついていたらテンションが上がります。 最近では浴室のテレビを、ハウスメーカーによりますがオプションではなく標準で取り付けてく...

 

おわりに

コスト面から浴室を折り戸にする人は多いと思いますが、インテリアや掃除のしやすさにこだわる人は開き戸や引き戸にしたほうが良いかもしれません。

我が家では折り戸にして現在それほど不満はありませんが、予算に余裕があれば引き戸にしておきたかったというのが本音です。