大きい窓を多用した家の8つのデメリットは?

注文住宅を建てるとなると、窓の配置や大きさも考えなければなりません。

窓があると、風が通りますし採光も入りますし、お洒落にも見えやすいです。

大きな窓であればその分メリットも大きくなるように思いますが、大きな窓だからこそのデメリットもあります。

大きな窓といえば、掃き出し窓といわれる窓を想像する方も多いと思います。

掃き出し窓とは

窓の下部分が床面に接している窓のことをさします。元々は、室内のゴミをほうきなどで掃き出すための小窓であったが、現在ではリビングなどの大きな窓であっても、床面まで開口があれば「掃き出し窓」とよんでいます。ただし、2階以上のバルコニーを設けた掃出し窓では、バルコニーの防水立ち上がりを確保するために、窓と床面が接していない場合があります。

出典元:不動産用語集|LIFULL HOME’S

今回は、大きな窓を多用した家にどのようなデメリットがあるかを書いていきます。

窓については、こちらの記事にも書いていますのでご参考ください。

今回はYKK(ワイケーケー)の住宅設備についてです。我が家では玄関ドア、窓のメーカーをYKKに決めました。

スポンサーリンク

大きな窓を多用した家の8つのデメリット

耐震性が低くなる

壁に囲まれた部屋と、大きい窓がある部屋とでは頑丈さはやはり前者のほうが高いです。

そのため掃き出し窓のような大きな窓を多用するとなれば、そのぶん壁が少なくなってしまうので耐震性が低くなるといえます。

費用が高くなる

窓と壁では窓のほうが費用が高く、大きな窓と小さな窓では当然大きな窓のほうが費用が高くなります。

防犯性が低くなる

泥棒や空き巣が侵入する経路は、約6割以上が窓からの侵入です。

そのうちリビングやバルコニーの掃き出し窓からの侵入がとくに多いといわれています。

そのため大きな掃き出し窓を不必要に設置し過ぎると、泥棒や空き巣に侵入されやすくなる可能性があります。

全国の治安の良い街の調べ方は?

住宅を購入する際に必ず気になるのが、その街の「住みやすさ」。

次のページへ続く