手すりをつける場所はどこが良い?

住宅設備

注文住宅では、手すりを設置する場所も決めることができます。

手すりの設置が無料であれば、つけたい場所全てにつけても良いかと思いますが、有料であれば節約のためにもどこに手すりをつけるか非常に迷います。

ハウスメーカーによっては、手すり設置の費用が2ヶ所までは無料などと数が決められている場合があります。

将来のことを考えると、手すりは多いほうが楽に生活できて良いのではないかと思いますが、手すりが多すぎても結局使わずに邪魔になってしまうこともあります。

今回は、家の中で手すりをつける場所はどこが良いのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

手すりをつけたほうが良い場所

家の中で、優先的に手すりをつけたほうが良い場所をあげていきます。

 

玄関の上がり框付近の手すり

玄関の上がり框は基本的には段差になっているため、高齢になったときのことを考えると手すりはつけておいたほうが良いです。

玄関を安全に行き来できるかによって、外出頻度も変わってきます。家の中に閉じ籠らないためにも、手すりをつけて安全に移動しやすい環境をつくっておきたいところです。

 

階段の手すり

階段は家の中で、最も危険な場所の中のひとつです。

元気な人であれば手すりを使わずに階段を上り下りできますが、高齢になり下肢の筋力が衰えてくると手すり無しでは階段を上り下りできなくなる可能性があります。

階段を上り下りできなくなれば、次第に2階に行くことがなくなり、1階での生活のみとなってしまいます。

また、階段で転倒すれば大事故に繋がりやすいので将来のためにも階段への手すり設置は必須です。

 

トイレの手すり

トイレは、日常生活の中で毎日必ず何度も使う場所です。

身体が元気なときには、とくに何も気にせずにトイレ動作を行えますが、高齢になり身体が衰えてくると便座からの立ち上がりがしんどくなってきます。

また高齢になると立ち上がりだけでなく、ズボンの上げ下ろしの際に持つところが無ければバランスを崩しかねません。

トイレは毎日何度も使うところなので、トイレに行く度にしんどい思いをするくらいなら、手すりを取り付けて楽にトイレ動作が行えるようにしておきたいところです。

トイレでは以下の動作で手すりを使えると、安全で動作が楽になります。

・下衣を上げ下げするとき用の手すり
・便座への座り込み用の手すり
・便座から立ち上がり用の手すり

 

浴室の手すり

浴室も、家の中の危険な場所のひとつです。浴室は床が滑りやすいだけでなく、裸であることから転倒するとまともに身体を打ち、怪我をしやすくなります。

浴室では以下の動作で手すりを使えると、安全で動作が楽になります。

・浴室と洗面所間の移動用の手すり
・浴室移動用の手すり
・シャワーチェアへの立ち座り用の手すり
・浴槽を跨ぐ用の手すり
・浴槽の立ち座り用の手すり

 

まとめ

手すりは若くて元気なときには不必要で邪魔にも感じることがありますが、高齢になって足腰が弱ったときには必要不可欠になります。

後付けで手すりを取り付けると費用や工事の手間がかかるので、将来のことを考えて家を建てるときにあらかじめ取り付けておきたいところです。

手すりの位置の詳細につきましては、下記記事をご参考下さい。

老後の暮らしで危険な4つの場所!手すりの種類は?
ブログで間取りの記事を書いていて気がついたのですが、私は結構老後の暮らしのことを考えてしまっていると。。。